スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
黒リーグ考察について
特徴別に考察しようと思っていたんですがやめました

大会に出てはっきりわかったことは、特徴で縛る必要性は全くないってことです
ある程度の関連性を持たせておくことは重要かもしれませんが
そこにこだわりを持つ意味は全然ない気がします


とりあえず、しばらくはこれを生かしたヴァイス研究していきます
今までどうしても特徴に縛りを入れたり、一つのカードを軸にしてデッキを組んでいくことが多かったのですが
正直カードプールが増え続けている現状をこのままでは戦い抜いていけないと判断したからです

なるべく複数のカードにスポットを当てて、それぞれの限界を引き出せていけたらなと思っています
というわけで、まだ黒リーグ迎えていないところ向けの戦局考察

レベル0
大体どの地域も大差はないと思います
相打ちよりも高いパワーが重視されている傾向があるのではないでしょうか
もしくはレベル1の準備やレベル0は完全にサポートで埋められている形もあると思います
このレベルは盤面を重視するかレベル1からの展開を重視するかで採用カードをかえていくべきでしょう
相打ちを気にしたりする必要は特にないと思います
やられたらやられちゃったで済ませるくらいの気持ちでいいと思います


レベル1
相手がアイマス軸なら最大の敵涼が出てくるレベルです
ここで完全に盤面アド取られるとレベル2からも苦戦を強いる可能性があるので対処法を入れておくことをお勧めします
具体的に言ってしまうとバウンス、無達、足立の3種類ですかね
バウンスは先延ばしという考え方もありますが、このキャラを出すのに1コストかかるので相手の後半の展開コストを削ることが出来ます
相打ちが取れるなら相打ちを取っておくと非常に楽になります
コストのかかるキャラクターが相打ちでやられるのはやられてみるとわかりますが、かなり辛い部分があります
真っ向勝負でパワーを超えていくことを考えてもいいですが、寄り道を入ってる可能性も視野に入れないといけないので
出来れば相打ちか手札に返してしまうほうが得策だと思います
寄り道でも1コスト削れていると考えれますが、自キャラの生存がなくなっているのでダメージ差に多少の影響が出ます
この辺は、構築や手札と自己のプレイングと相談になってくるでしょう


レベル2
ここで何構築かによってだいぶ差が出てきます
赤が入っているのであれば比較的リームシアンが出てくるレベルです
必ず入っているわけではありませんが、対策を取るか放置するか覚悟を決めておく必要があります
相手のデッキにバウンスさえなければ、大体安全に早出し可能なので積極的に狙っていく必要もあるでしょう
リームシアンの具体的な対処方法はP4の青春くまかアイマスの朝の挨拶ですね
前者はキャラで手札から場に出したとき2コスト払うことでお互いのデッキを擬似リフレッシュ
後者はイベントでレベル1なので赤が必要ですがコストを必要としません
個人的には青春くまのほうがいいと思います
確かにコストはかかりますが場に出せるのとただ手札を消費するのでは全然違うからです
もう一つディスガのピンポンダッシュアクターレも候補となりますが
1コストかかることと自身を控え室に送る必要があるので、少々使いにくい面もあります
しかし、こちらは自分のデッキを擬似リフレッシュしないので
リームシアン出したい場合はこちらのほうがいいでしょう


レベル3
ジュネスや扇子和服を除けばひたすら殴るだけですね
ジュネスはいかにジュネスを落としつつ圧縮するか
扇子はいかに効果を使えるか
他のレベルと違っていかに上手に打点を通せるかが全てだと思います




私的見解
レベル1は涼を使わずにいかに盤面を制圧できるかが重要なポイントな気がします
黒リーグは回復らしい回復が多くないので必然的にビートダウンが必須になります
しかし、涼を使うということは余程自信があるか、CX引きすぎてもう残っていない場合を除いて
デッキトップの確認作業が必要になります
この作業をするためにレストトップチェックの律子を採用する人は多いでしょう
また、涼をなるべくただ相打ちさせないように真も出す場合が多い気がします
こうしてしまうとサポートが完全に涼限定になってしまい
万が一涼が引けなかった場合の展開力に欠けてしまいます
それはどんなデッキでも言えることですが、複数のカードを使って盤面制圧をする形にしたほうがいいと思いました



というわけでインスパイアとでも言いましょうか
今回の黒リーグを抜けたデッキの二つが非常に似ていたので
そこからさらに個人的な改良を加えたデッキを続きに晒します
気になる方は続きをご覧ください
非常に厳しいことも書いてあります

閲覧は自己責任でお願いします
続きを読む
スポンサーサイト
【2010/06/15 07:23】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
白のレベル0補助考察
地区決勝まで3週間と迫ってきました
未だ白考察終わってないとかだめだめですね

とかいいつつ、ほぼ黒リーグ参加決め込んでたりするんですけどね
一応最後まで諦めない形でやっていこうと思います

カテゴリ別に分けました


応援

両手いっぱいの花束ハルヒ

メリット
CX扉をストックにもぐらせない
ちょっとサイズの大きいレベル1を焼ける
団長

デメリット
かなり強制的にCXが扉に固定される
結局扉トリガーしなければただの応援


常盤台中学の生徒 黒子

メリット
序盤応援しか引かなかったときでもアンコールを持っている

デメリット
アンコール持っているだけの応援であること



サイン会のみくる

メリット
手札のCXを処理しつつデッキから時間キャラをサーチできる

デメリット
時間のキャラ採用率を上げなければならない
2体レストが地味に重い


ハンド補助


一ノ瀬ことみ

メリット
目的に合わせた取捨選択が出来る

デメリット
能力発動が強制



虚無のルイズ

メリット
最大4枚までのキャラ回収が出来る

デメリット
CXが落ちない可能性も高くコストとアタッカーの浪費になりうる


水鉄砲のはるか

メリット
有用な手札入れ替えを行うことが出来る
集中コストにレストがない

デメリット
手札が少ない状況だと入れ替える枚数がない


デッキチェック


香水のモンモランシー

メリット
自分のデッキトップを確認し、上か下のどちらかに送れる

デメリット
低めのパワー
ダメージを受けた枚数*500パワーあがるがキャンセルすると無意味


小悪魔杏
水着のなつき

メリット
自分のデッキトップを確認し、上か下のどちらかに送れる

デメリット
出し切りキャラである



湯上りキャル

メリット
相手のデッキトップ2枚までを見ることが出来る

デメリット
見るだけで操作不能な点



華麗なる剣聖ゆいこ

メリット
相手のデッキトップを操作できる

デメリット
自ターン中にリバースさせることが出来ない場合もある
自分の舞台を空けてしまう



相打ち

μ

メリット
パワーの高いレベル0を落とせる
リバースしたとき他のキャラを選んでパワー1000上昇

デメリット
先だしすると相手の不要な補助キャラに消される可能性がある


パワー補助


きぐるみささみ

メリット
登場時レベル2以上一体選んでパワー+3000

デメリット
序盤がただのバニラ以下でしかない




大体こんなものでしょうか
相打ちとかはμ以外は特に無理して入れる必要がないかなと思います
デッキによっては温泉ハルヒのほうがいいでしょうけど
汎用性を考えるならμですね


こうやって考えてる間に白の赤青ハルヒ以外のデッキが徐々に浮かんできています
ただ、カードも足りず時間も少ないので地区決勝間に合わないが濃厚な感じです
地区決勝抜けた後の全国も考えて色々カードを集めておきたいところですね

その前に地区決勝という大きな壁を越えなければならないのですが
万全の準備で望んでいきたいと思います

次回は需要なさそうな白リーグ赤青ハルヒデッキでもさらしますね
正直地区決勝に望むにはお粗末過ぎたので改良するより諦める形にします
黒とあたらなければいいですが、白にも黒みたいにパワー高いデッキもあるので
当たる可能性考えると伸ばすより別を作るほうがいいと判断しました
【2010/05/21 07:04】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
白のレベル0守り手考察
しかし、そこまで多くなかったという事実
こうやって考察を書くことでこのカードはこのカードはという意見が出てくるのが非常にうれしいです
ここに書いてあるのは僕自身が持ってる戦術に使いやすい形を採用、候補にしている場合が多いので
新しい意見が出てくることで違う道が開けていくのがいいと思いました
もし意見を言うのを恐れている方がいらっしゃいましたら恐れず言ってみてください
そこから自分の持つ考えと人の持つ考えの違いがわかると思います
それを見た上で自分が最良だと思う選択をしていけばいいと思います
同じカードでも人によって意見が違うのは使い方や使い道が違うからということです
人それぞれの戦略がありますので、それにそぐわなければもちろん低い評価をします
逆に高い評価を受けることもあります
最良は自分の中にあって選択に迷っているときは、他人に意見を聞いてみるのも一つの手段です


話は変わって全く関係ありませんが白リーグプロトタイプ完成しました
数回回しましたが一部使いどころに困るカードがあったので再編成中

スタンダード相打ち黒子とやったのがきっかけで白でRR黒子使ったデッキの発想が7割くらい完成
こちらも作成しつつ今現状の白デッキを完成させたいと思います


それでは、本題
正直、守り手って青しかいないんですよね


長門有希

メリット
相手ターン中限定で3500
手札アンコールもちの貴重なレベル0

デメリット
自ターン中1500という貧弱なパワー
相手の苦し紛れの集中キャラすら倒すことが出来ない


ルイズ&エレオノール

メリット
相手ターン中限定で3500

デメリット
自ターン中は2500
応援つけてもバニラを倒せない
長門と違い手札アンコールがついていない


梧桐の右腕 志賀

メリット
相手ターン中にこのカード以外のカードが2枚以下ならそれらのカードにパワー+1000
自ターン中の3アタックをこのカード含めて後列なしに3箇所埋めれる

デメリット
豊富な白カードでこのカードを採用する枠があるか怪しい



相手ターン中限定で考えるとこの3枚が比較的優秀だと思います
特に志賀は採用している人を見かけませんが、レベル0限定で考えると比較的強いほうだと思います
序盤から3箇所埋めてアタックする人にはかなり最適だと思います
後列抜きにして3箇所アタックしても相手ターン中なら志賀以外のパワーは1000上がった状態なので
応援つけるより高いパワーになるところもポイントです
しかし、結局は相打ちという最大の壁がいるので安心は出来ません




一番立ち回りが難しいのがレベル0であると最近感じます
理由としては先攻後攻でアタック回数が違うことがあげられます
必ず一回しかアタックできない先攻とは違い、後攻は好きな回数アタックできます
ある意味先攻は何も考える必要がないのです
出すキャラをどうするか、どこに配置するかこれだけでいいのです
どうせ一回しかアタックできないですから
それに比べると後攻は自分の手札とも相談する必要があり、状況次第でどうアタックするかまで考えないといけません

レベル0の立ち回り次第でその後が変わってきてしまう後攻のレベル0は一番頭を使うのではと思います



次回はレベル0最後の補助考察
今現状で10枚くらいでしょうか
もしかしたら増えるかもしれませんし、少し削るかもしれません
厚かましいお願いですが、今から補助って何だろう的な予想でもしてもらえたらと思います
予想通りだったり、予想が外れたからコメントにて何故を問うてもらいたいと思ってます
まだまだ精進不足ゆえ抜け落ちてるカード等あると思いますのでよろしくお願いします
【2010/05/17 06:07】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
白のレベル0攻め手考察
新規参戦タイトルについてはエヴァは人気ありそうですね
予約しないと買えなさそうです

ミルキィは様子見でw
ブラックロックは音楽強化になりそうなので買うと思います

6月からの発売ラッシュで環境どう変わっていくかも気になります



では、本題へ

レベル0の主な攻め手カードを考えていきます



世界の中心ハルヒ

メリット
中央配置限定とはいえ3500パワーになる
レベル2での回収に色あせた世界を採用しやすくなる

デメリット
中央以外ではまったく使えないバニラ以下


雪風のタバサ

メリット
自ターン中限定で3500パワー
手札アンコールがついている貴重なレベル0カード

デメリット
手札にキャラ以外が多いとアンコールすら不可能
パワーが低いので相手の補助キャラにすら倒される


エプロン姿の古泉

メリット
団長がいるだけで3500パワーになる
団長を採用するので回収色あせた世界を採用しやすい

デメリット
団長引かなければ1500のバニラ
かみ合わなかったときのアド損はかなり大きい


白河ことり

メリット
素でパワー4000がある
相手がこのカードをレストさせるには手札公開が必須であること
相手の手札を見れる可能性があること

デメリット
終盤ジリ貧の場面でレストする可能性がある


水遊びする美緒

メリット
前列のこのキャラ以外が1体以下の場合パワーが3500

デメリット
ストックを貯めたいデッキの場合レベル0で3体並べたアタックがやりにくい



一部特定のカードとの組み合わせがありますが、総合的に見るとデッキに対する有用カードへの補助でもあります
主にまともなパワーを叩き出せて使いやすい攻め手はこの辺でしょう
完全な限定組み合わせを考えるともう少し攻め手候補があると思いますが
それは自由で構築幅の高い白リーグでの長所を打ち消してしまいます

この辺のカードに守り手のカードと補助のカードを組み合わせてレベル0を戦うのが一番いいでしょう
次回は守り手です
おそらく補助が一番多くなると思います
応援や集中それ以外にも使えるカードがあるので、どうしても補助向きのカードが多くなってしまいます
デッキにあわせて選択することが必要ですね
【2010/05/13 03:03】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
レベル3のサブ候補
長々と書いたのにFC2エラーのせいで全部ぶっ飛んだというwwww


というわけで再び書きます

メインに積むほどの性能ではないけど、サブとして使えば光り輝きそうなレベル3の考察です


おめかし長門
間違いなく現環境最強の舞台ブレイカー
使いどころと状況さえよければどう考えても対策不可能な一枚


メリット
相手の舞台を好きなように入れ替えることが出来る
登場時追加1コストで相手をリバースさせたとき1点回復の効果を得る

デメリット
相手の舞台が入れ替えるほどの状況じゃないときただの重たいバニラになってしまう
自分が不利な状況だとこのカードを使っても戦局がひっくり返らない
最悪かえって不利な状況を作り上げてしまう場合がある


圧倒的にメリットのほうが強いカードです
確かにデメリットはありますが、そんな状況にならないように構築しないとこのカードの意味そのものがなくなります
個人的には1枚積んでおけば十分かなと思いますが、そこはお好みでどうぞ


誰でもないファントムアイン

サブ候補といっているのに何を言い出したのでしょうか
しかし、これは十分サブとしての能力だと思います
レベル2から1点回復出来るのはかなり有利になってくるのではと思います

メリット
白で唯一の単体早だしカード、状況しだいではリフレッシュ後もすぐに早出し可能な1枚

デメリット
若干低いパワーが相手の舞台を制圧しきれない可能性がある
サブ候補なのに4枚積まなければ意味を成さない


デメリットに書いたとおり4枚積まないとまったく意味がありません
むしろ早く出せない可能性があるので4枚積まないのであれば必要ないカードです
逆に4枚積んでしっかり出せるのであればレベル2から多少有利に戦うチャンスが増えます
後はどうデッキを構築するかによって役割が若干変わってくるでしょう





サブはこの2種類が妥当かなと思います
みくるはメインでも書きましたがサブにももってこいのカードです
みくるも含めて3種類でしょうか
それ以外のカードは特に積んでも使いにくい印象があります
やはり4枚積むことで意味を成すカードのほうが多いのも事実でしょう


次回はレベル0攻め手考察したいと思います
レベル0は候補が多いので
攻め手
守り手
補助
の3回に分けて考察していこうと思います
【2010/05/06 00:10】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。