スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
地区決勝
地区決勝参加してきたので結果を

使用:赤緑青アイマス

1回戦:×
2回戦:○
3回戦:○
4回戦:○
5回戦:○
6回戦:×


初戦だけは悔いが残りますね
ドロークロックリフレッシュから7枚返して引いて殴ってで6枚飛びましたからね
それ以外は割りと理想的な動きを出来たので満足です

デッキそのものは前日作ったものですが、もう少し煮詰めればよかったなと思います
来年アイマス2も出るのでそれを楽しみにしようと思います
スポンサーサイト
【2010/11/29 20:16】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
地区決勝レポート
コメントで応援くれた方達ありがとうございました

結果から言ってしまうと残念ながら優勝できませんでした
敗戦は優勝者相手にだったので仕方がなかったと思います
個人的には悔いは全く残らない試合展開でした
全力を出し切れたことを次の糧にがんばっていきます

黒リーグ

1回戦
まさかのジュネスミラー
レベル0で相手の出方を伺いつつ手札を溜め込む形で1アタック方式で攻め込む
この段階で相手の重要後列3枚ほど飛んでいたので安心してレベル1から展開
相手が先にレベル2に突入するもアタッカーがレベル2出てこない
この辺で相手が大量CXトリガーしたので安心して打点高めて殴り3-5まで追い込む
相手が陽介3枚展開してきてCX合計3枚吹っ飛び確認すると相手山札に最大1枚のCX
そのまま5点を決めきって勝利

2回戦
3色コンボデッキ
相手序盤から事故だったみたいで2回までしかアタックしてこない
しかし、これが逆にこちらのCXを綺麗に射抜くような形で引かされるトリガーさせられる形に
相手が先にレベル3になりこちらはまだレベル2だったのですが
山札18枚ほどにCX2枚しか残っておらず状況はかなりピンチに
相手CX張るものの打点は届かないはずだったんですが、最高の形でバウンスされてしまい打点が届くように
祈りむなしく素通りしてしまい敗戦

優勝がなくなったのでここでドロップ
友人だったので優勝を彼にたくしP4カップ


P4
黒リーグデッキのリーム3枚適当なジュネスキャラねじ込んで完成

1回戦
黄色単色
ジュネスでもなくあまりわからないデッキでした
序盤から盤面制圧してきちんと対処
特に苦労することもなく打点きっちり止まり勝ち

2回戦
ジュネス
ミラー戦は出来れば避けたかったんですが10人しか出てなかったんで仕方ないですね
序盤から相手優位でスタート
この段階で手札に相当な差があったと思います
相手レベル1から後列酒井2枚に前列絆創膏1奈々子1と絆創膏アタック対策にレベル0キャラ
こちらも後列とレベル0まで同じに揃え相手のカウンター枚数確認してCX貼ってアタック
返しで相手3枚目の酒井出してきて素でパワー負け
この段階で勝負は決していました
盤面完全制圧され、こちらの手札はつき、キャンセルは比較的強かったものの相手はそれ以上にキャンセル
ミラー戦は盤面制圧したほうがほぼ勝ち確定なので負け

上位でPR多くもらえるらしいのでそのまま続行

3回戦
相手トライアル
序盤からパワー負けすることなく盤面制圧
相手レベル0でキャンセル強すぎてキャラ並ばず状態
後半は打点通ることほぼ確定だったので打点高くしながら相手レベル3まで
そこからの相手のキャンセル率が非常に高く、こちらアタック時にCX結構飛んでいきレベル3まで
店長陽介2枚展開で我慢して回復しつつ相手のCX切れまで粘る
アタック時非常に運がよくCX残る形だったので相手の最後のマネージャー海老原からの打点通す確立あげる行動も
こちらが非常にいい形で生き残る形になったので返しで勝利

階段だったので潰して終了

で、2回戦の友人が優勝しました


と優勝者に潰されるという形でした
それで、今回非常に痛感したこと

音楽や悪魔等特定の縛りを入れた特徴に依存するデッキはたいした強くない気がしました
正確に言えば爆発すれば強いんですが、全然安定しません
今回の黒優勝者は発想が奇抜すぎました
対戦しててどうしてそこまでかみ合うのかわからないですが、見てればかなりかみ合ってます
発想の柔軟性が生かされているのを肌で感じるレベルでした


ジュネスはジュネスで強いです
ただ、それは普通のデッキに対してだけの気がします
ネオスタンという構築枠なら間違いなくトップクラスです
ただその枠を外れたらコンボ型のデッキをきちんと使える形で組むほうがいいかもしれません


もっと発想を柔軟にしていこうと思います
今までこのカードは強い、これは使い道がないとかなり決め付けていた部分があるのが今回の敗戦の最大の原因だったと思ってます
そうでなければもっと思考錯誤していたでしょうから
一つ一つのカードをもっと違った角度から見ていけるようにやるしかないですね

特に友人に承諾は取ってないので詳しくは書けませんが
黒リーグ優勝は黄緑赤の3色です
といっても赤はたぶんおまけレベルでしょうけど
【2010/06/13 13:51】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
5月4週目月曜大会レポ
地区決勝までおよそ2週間と迫ってきました
白は早くても今週末まで新型プロトタイプ完成しないでしょう
カードが微妙に足りませんw


というわけで、黒の調整+プレイ経験値貯めるために黒でショップスタン参加してきました

使用:黒ジュネス

1回戦
相手動物
お互い2ターンでCX6枚くらい吹っ飛ぶ
こちらがトリガー飛びに対し向こうはキャンセルとドロー
相手レベル0で停滞したので1レベルからフル展開
盤面アドばっちり握ったのでそのまま押せ押せ
キャンセルも非常に強すぎてレベル2で勝ち

2回戦
相手メイド
相手序盤からキャラ引かないCX大量らしくばんばん使ってくる
こっちは普通にレベル1から展開して盤面アドばっちりゲット
またまたキャンセルも強くこっちレベル2のとき相手投了

3回戦
相手赤黄
序盤でレベル0しか引かず盤面アド取れないままずるずるとレベル2へ
お互いぐだぐだでレベル2になるものの、手札にあるCXの処理が終わらず5枚しか戻らない
終始CX手札から消えない状況だったので7枚返った相手にキャンセル率でかなわず負け

4回戦
相手赤青悪魔
またまた序盤でレベル0しか引かないものの、相手のパワーもそこまで高くなかったので盤面はどっこいどっこい
レベル2からがっちり展開して盤面アド取り返す
しかし、先にレベル3になって窮地
リームと店長陽介で舞台固めてクロックドロー行わずに陽介で回復しながら粘る
粘ってのがいきたのか相手なぞの素通り発生して勝ち



3勝1敗 3位


3週連続3位だった気がします
負けるときは序盤の展開次第ですね
今回の負けはCXを手札から処理し切れなかったのが主な原因ですが
さすがにクロックドローして使ってをやっても減らない引きしてしまったらどうしようもなかったです
序盤であれば置く回数も多く出来るのですが、中盤越えて山札半分ないあたりからこうなってしまうとお手上げです
この辺の対処方法をもう少し考える必要がありました
もう少しプレイを磨いていかないとだめだなという日でした
【2010/05/25 10:35】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
5月3週目月曜レポ
一旦間をおいて大会レポ

白リーグ用デッキのテストプレイ

使用:赤青ハルヒ打点サポート


1回戦
相手がレベル0で応援1体しか並ばない事故を2ターン続けて
さらにこの2ターンでCXも4枚見える
すかさず3体並べてCXはって打点を通す
相手一応ハルヒの早だし成功するも結局素通り

勝ち

2回戦
相手が2ターン連続何もせずエンド
さらにCXが公開情報で6枚もあったので遠慮なく2ターン連続CXはって打点を通す
この段階で相手レベル3のこちらレベル0
しかし、相手リフレッシュ入ってからキャンセル強くこちらもレベル3に
湯上りで相手のデッキトップ確認して打点通ること確認
そのまま押し切る

勝ち


3回戦
今度はこちらがレベル0で事故気味
相手は普通にキャラが並んでレベル1でもがんがん殴ってくる
しかし、こちらはキャンセルが異常なまでに強くダメージほとんど通らず
相手はCXトリガーを掘り返すことも出来ない状態
こちらはレベル2で誰でもファントム展開してそのまま回復しながら押し切る

勝ち


4回戦
ついに黒リーグデッキに当たってしまいました
序盤から高いパワーで制圧され全く崩せず
しかし、こちらレベル2から誰でも早だしして舞台形勢逆転
相手レベル応援とレベル3をあまり引かず盛り返す
ただ、相手のキャンセルの力強さの前に成すすべなく
回復して粘るも押し切られる

負け


オポが弱くて3位


弱いっていうほど弱くはないのですが弱いデッキでした
複数の事柄を干渉させたせいで噛み合わせがきかない部分や手札とコストの管理が非常に難しく
大事な場面で1コスト足りないってことが多かったです
それを早めの展開と回復で長く持たせてる感じでした



もう一つの白デッキはパーツ足りなくて完成が非常に遠いです

それでは次回は白のレベル0最後の補助考察です
【2010/05/18 03:27】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久々の大会レポ
レベル0考察はカード選定中です
補助にも入るし攻め手にも入るしという複数系をどうしようかも迷っているところです


というわけで間に今日(昨日)の大会レポ


使用デッキ:黒リーグプロトタイプ(ジュネス)

1回戦
レベル0で相手が停滞していたところをこちらが綺麗にレベル1になりジュネス展開
相手CXが早々に全部消えたの確認後CXはって打点差が1レベルほどつく
レベル2で早だし考えてましたがリフレッシュのほうが早く断念
レベル3で陽介とリーム出して完全制圧で勝ち

2回戦
相手のキャンセルが大体ラスキャン
こちらは中途半端にキャンセルかかり、レベル2の時点で相手まだレベル1になったばかり
相手手札尽きるもののこちらはレベル3陽介の効果が3回連続不発回復となりリフレッシュ負け

3回戦
お互いほどよく打点を通しつつ中盤まで
後列引けず苦戦していたのでレベル2で即回収して手札を整える
リフレッシュでまたリーム早だし失敗するもののレベル3で陽介で巻き返して勝利

4回戦
相手事故で必須そうなカードがどんどんクロックへ
パワーで勝つデッキじゃないみたいだったのでレベル1で後列にいた応援前に出してもジュネス持ってるせいで死なず
結局自力で圧殺してから舞台を完璧に整える
相手最後まで処刑ひくことなかったのが救いとなり勝利



3勝1敗 オポぎりぎりで3位


久々にまともに勝利できた気がします
2回戦のジュネス落ちないのはデッキに残ってる枚数考えても運悪く固まってたとしかいえませんね
さすがにジュネス以外が6枚しかないのに3回に振り分けて2枚ずつ固まってたらどうしようもないですw
デッキ枚数もリフレッシュしてすぐだったので20枚以上ありましたからカットが悪かったかなと
4回戦目は浴衣陽介がすごい刺さるデッキだったのがよかったですね

個人的にもう少し調整が必要ですが、カウンターの枚数と回収どうするか程度ですね
相手のパワーがたまたま低かったのもありますが、3000カウンターを使う場面がほとんどなかったです
2コスト回収も後1コストあればって部分もあったのでどうしようかなと
そこの調整とプレイスキル磨けばもう少し安定はするかなと思いました
【2010/05/11 02:18】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。