スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
超魔王ラハール
拍手コメントから

>ありがとうございますm(_ _)mラハール様のループの使い方わかりました自分的にはエトナ&フロンも回収するのもありだと思いました!

確かにエトナ&フロン回収もありですが、プリンスの絆でも回収できるのでストックと相談するといいと思います
余裕があるならプリンスで回収しておくことで舞台に出しつつ手札はほぼ減らないという状況になりますし
そこら辺は状況判断かなと思います

今日は超魔王ラハールをちゃんと紹介しておこうと思います

カラー:赤

レアリティ:TD(トライアル専用)

カード名:超魔王ラハール

レベル:3

コスト:2

パワー:10000

ソウル:2

特徴:悪魔・武器

テキスト

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックを上から1枚選び、控え室に置いてよい

【起】[このカードを思い出にする] あなたは自分の控え室の、《天使》か《悪魔》のキャラを2枚まで選び、手札に戻す

現段階でレベル3最強カード筆頭だと思います

理由としては、赤で回復できる+特徴武器がサーチしやすい+起動効果で墓地の超魔王を回収できる

レベル3の決着は割りとあっさりついてしまいます

キャラを出したい、けど回復もしておきたい

それをこの一枚で解決してくれるのです

パワーも1万と他の追随を許さぬ値

ブースターで強化カードが出てきた場合より恐ろしいパワーに

そうでなくても普通に応援キャラ後ろに並べておくだけでも十分な脅威です

レベル3からの逆転を実現できる現実的な一枚だと思います

トライアルスターターには2枚しか入っていないので4枚積みたければブースターを待つかトライアルをもう一つ買いましょう

4枚入れても問題ないくらいに強いので、是非一度使ってみてはいかがでしょうか
スポンサーサイト
【2008/10/31 17:01】 | ヴァイス赤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
超魔王ループ
質問があったのでお答えしますね

超魔王ループとは?

超魔王ラハールの二つ目の能力、思い出にすることで悪魔か天使のカードを2枚まで控え室から回収することを利用したものです

超魔王の効果で控え室にある超魔王そのものを回収してきます

ついでに、中ボスや地球の王+プリンスのCXコンボ用にプリンス回収したりと非常に終盤便利なコンボです

もちろん思い出になったら返ってこないのでそこは注意が必要です

なので3ループ目でラストのラハールを回収してしまうのでそこが打ち止めです

しかし、コストさえ払えれば最大4枚のクロックを消すことが出来ます

また、超魔王のレベルが3あるということが最後のサイドアタックでの調整をやりにくくさせます

レベル2なら1通ったダメージもレベル3では通りません

最後の悪あがきにもなりそもそも超魔王そのものが1万パワーあるのでかなりの脅威であることは間違いないです

何より1枚といえど赤で回復できるのは非常に強みでもあります

ブースターの中身次第ではこのカードの存在意義は非常に大きくなるでしょう
【2008/10/30 18:00】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月4週目ショップ大会レポ
日は経ちましたが今月ラストショップ大会のレポ
友達からプリニーを集めましたが残念ながら14枚にしかならず、妥協してそれで出ました

使用デッキ
超魔王ループwithプリニー

1回戦

初参加だけでなく初プレイで、使用デッキももらいものだけで組んだみたいで非常に緊張していました
しかし、いきなりプリニー来ない事故が発生
レベル0の7割を占めるプリニーが来ないとかもちろん大事故です
しかし、コストを使うキャラがレベル2の中ボスとエトナそして超魔王だけなのでレベル1から殴って追いかけます
しかし、リフレッシュ直前で中ボスが手元になくそのままリフレッシュ
レベル3になって超魔王も引かずに負けました
初勝利でもあったみたいなので、とてもうれしそうでした
次週もきっと参加してくれるでしょう

2回戦

ディスガ戦
初手にプリニーを4枚、クロックドローで5枚になり、少ないエトナをまず先攻で出しエンド
相手事故ってエトナと僧侶しか出て来ない
次のターンさらにプリニーを2枚ドローして、5体のプリニーをぴちゅーんさせ相手キャラを全滅
(*ぴちゅーん プリニーの効果を発動するときの効果音)
そしてさらに2体のプリニーを出して攻撃
プリニーの引きは良かったものの殴れど殴れどCXがトリガーで飛んでいき
コストを使いたいレベル3でも超魔王引かず、中ボスも引かずに負け
個人的には大満足です

3回戦

赤青DC
まず、プリニーエンド
相手が事故ってキャラならばずこちらのターン
プリニーをぴちゅーんさせながら相手のキャラを落としていく
こちらのレベルが上がっていくものの常にプリニーを引き続けたまるストック
先に相手のレベルを3にさせて、こちらが3になる
ここで超魔王ループ入れて殴りがち
相手が事故ってなきゃ負けた可能性の方が高いです

4回戦

なのは
天敵が来ました。序盤からプリニーを落としつつがんばるも
相手の方がキャラ並び続けて苦戦を強いられます
やっと相手のレベルを2にしたときに悪夢降臨
シグナム+αで相手を対象に取れなくなり、プリニーの実質自爆特攻しか役目がない時代が来ました
レベル3になる直前でリフレッシュ入ったこっちは不利な状況
超魔王ループが2回で止まり、とりあえず相手を攻撃してこちらの前列を自爆させます
相手がやっとレベル3になり、無駄にソウルあげて攻撃しましたが
3点ストップ3点ストップ2点ストップでまさかの生き延び
そして、こちらの超魔王が再び降臨して
プリンスラハールとCXコンボでまず4点超魔王で4点が通って逆転勝利

今回勝つよりいかにプリニーをぴちゅーんさせるかで出たはずなのに
案外プリニーが使える事と超魔王のループが非常に強い
先行発売でFate強い!とかなのはがち過ぎてやばい!
とか騒がれていましたが、実際ディスガイアも相当な強さを持っていると思います

Fate参入で実質魔法持ちキャラが完全にセイバーにメタられてしまっているのでディスガイアがかなり活躍してくれるのではないでしょうか
ブースターの発売が非常に楽しみになってきました
皆さんもディスガイアトライアルを購入していたら、超魔王ループ試してみてはいかがでしょう
【2008/10/29 15:05】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エトナ&フロン
まず拍手コメントから

>季節の移り変わりは風邪になりやすいので気をつけて下さい(_ _)。ホラーは強いです!青使ってる人は大抵ホラーか杉並&まゆき先輩がデッキに入って苦戦します。

ありがとうございます><
杉並&まゆきも結構見かけますね、単純にクロック減らすだけでなくストックいきですからね


今日もカード紹介です

ディスガが出たのでそこからピックアップしてみました

カラー:緑

レアリティ:TD(トライアル専用)

カード名:エトナ&フロン

レベル:1

コスト:0

パワー:1500

ソウル:1

特徴:天使・悪魔

テキスト

【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


ゼロ魔から登場してきた1レベル助太刀です

コスト消費しない代わりに1500パワーしか上がらなくなりました

しかし、このカードはディスガの魔界のプリンスラハールと絆を持っているので、使用後に回収しやすいというメリットがあります

そして、助太刀としてだけでなく最後の最後でアタッカーとしても0コストで舞台におけるのが強みです



ディスガの登場で癖のある緑カードが増えましたが、ブースター次第でかなり緑の強化がされそうです

理由としてはディスガに入ってる弓、復活!のカードの使い道が出るからです

現状だとそこまで強さを見せるカードではないですが、これからの登場カードによっては非常に強いカードに化けるでしょう

早くもブースター発売が楽しみで仕方がないです

プリニーだけで15種類くらいあれば非常に嬉しいですけど、きっとありえないですね
【2008/10/27 12:21】 | ヴァイス緑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いよいよ発売
待ちに待ったトライアル3種がいよいよ明日発売ですね

しかし、今日カードショップへ行ったらすでに発売していたので買ってきました

ディスガイア2つでプリニーゲットです

あと46枚プリニーを集めて50枚プリニーデッキを目指します

気になる作品あってこれから始めようという方は、カードショップへ行って買ってきてはどうでしょう

そして友達と楽しく対戦してください

初歩的なルールはカテゴリのヴァイス講座のこれから始める人へを読んでいただければ全て書いております
【2008/10/24 23:09】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホラーは苦手
風邪気味でちょっとダウンしかけていました

みなさんも風邪には気をつけましょうね

さて、今回は久々にカードの紹介です

カラー:青

レアリティ:R(レア)

カード名:ホラーは苦手

レベル:2

コスト:3

テキスト

【カウンター】 あなたはバトルしているキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【永】 このカードはプレイヤーにダメージを与えることができない。』


青のカウンターの中でも優秀なダメージ無効のカードです

ダメージというのはあくまでソウルダメージなので、バトルは通常通りパワーを比べて低いほうがリバースします

終盤キャラが並んでいるところのダメージを0にしてしまう効果は非常に重要です

しかし、残り1点や2点の場面では使える可能性は低いです

なぜならば相手はクライマックスが出ないようにサイドアタックでソウルを調整してくるからです

つまりこのカードはレベル3になってすぐ使うか使えるときに使っておくしかないのです

そこを考えると微妙なカードになってしまうかもしれませんが、緑のストックブーストと合わせて使うことでよりきちんと使えるでしょう

使い方を把握したときこのカードの真の価値が見出せるでしょう

試しに一度使ってみてはいかがですか
【2008/10/23 09:29】 | ヴァイス青 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デッキレシピ~DC単スタンダード限界突破~
まず、前回の記事の拍手コメントをお返しします

>まさにその通り!自分も最初はファンデッキでした名前の通り葉留佳&佳奈多のデッキでしたよ(笑)そういえば最近使ってあげてないな~…久々に使ってみたくなってきた!なんか最初の始めた時の心を忘れていたみたいっす!「何回やっても負けっぱなし」の心があったから違うデッキを作っちゃったのかもしれないッス今度の大会初心に戻って葉留佳&佳奈多で出てきます!あざーす

初心忘れるべからず、と言いますし記事を読んでそういう風に思っていただけたなら光栄です^^
ぜひ最初に作ったファンデッキで大会楽しんできてください




今回は現環境スタンダードで単作品で勝ち抜いていこう

をコンセプトに作ったデッキを紹介します

レベル0
μ*4
浴衣音夢*3
美咲*4
水着の音夢さくら*4
やぎ*4

計19枚

レベル1
ごきげん由夢*3
体操服由夢*3
朝倉音姫*3
助太刀さくら*4

計13枚

レベル2
美夏覚醒*2
パジャマ由夢*2
頼子*2
巫女音姫*4

計10枚

CX
おかえり*4
存在のなくなる日*4

計8枚

総計50枚

プレイング

レベル0
μを主軸にやぎでアンコールしながら相手を潰していく
応援キャラはヤギが来なかったときの保険として置く
もちろんストッカーとして前列にも登場させる
基本はμ*ヤギ

レベル1
ここら辺からごきげん由夢とおかえりシナジーで回収+ソウルビート
もちろんごきげん来なくてもガンガン攻める
回収対象は頼子か音姫
レベル2になったとき不自由しないストック(4以上)は確保しておきたい

レベル2
アンタッチャブルの少ない現環境を配慮して巫女音姫を活用
もちろん頼子でのソウルビートに加え、仕方なく出てきた低パワーを討伐しつつ頼子二つ目の効果できっちり相手を処理
コストの高いキャラは手札や美夏でデッキトップに送る

弱点
序盤で事故ると手札アドが全くなくなり終盤常にクロックドローに頼らざるを得ない状況が発生してしまう
しかし、レベル0帯が19枚あるので大事故でない限りは何とかなる

個人的大事故の定義
そのレベル帯で出せないカードを引きすぎて何もできない状況
CX引きすぎた上にデッキを減らせない状況
ダメージがレベル0ばかり

ソウルビートを軸として、回収バウンス型に作り上げました
マジック小毬の対象をとれなくする効果を除けば特に問題ないことと
バウンスで一度対象をとれるようにしつつ前列を処理するやり方もあります

最後の微妙なソウル調整はサイドアタックまたは頼子を前列に出して調整します
音姫のソウルパンプもサイドアタックで調整に有効です

スタンダードという枠にDCのみという制限を付けてそれを突破させようというデッキなので
現環境での弱点はそこまで多くありません
謙吾の後列除去も頼子を置いていたら7コスト支払われない限り落ちることもありませんし
みはねむビートもバウンスに弱いのできちんと処理できます
現環境で有名なタイプのデッキすべてに対応できるという目的で作ったので弱点らしい弱点デッキに当たったことはありません
しかし、Fateの使用が認められた瞬間にこのデッキは一気に魔法という弱点を得てしまいます
魔法を持っているキャラとのバトルでパワー2000上がるセイバー相手にレベル1を何事もなく通り抜けることが非常に困難であるからです

唯一弱点であると思うのはミラー戦です
バウンス要因の音姫がコスト2かかってしまうのでバウンスタイプは回ったほうの勝ちになってしまうと思います
しかし、こちらはソウルビートを念頭に作っているので完全なミラーでない限りはダメージ差で勝つことが可能です

このデッキはプレイングが非常に重要である
実は初心者に必要な基本事項がほぼ搭載されている

上記の二つの理由で勝つためのプレイングや初心者にとって覚えておかないいけない基本ルールの大体があるので
カードに余裕のある方は作って試しに使ってみてはどうでしょうか
【2008/10/20 11:53】 | デッキレシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本当の強さとは?
本題の前に関係ない話

アクセス解析を搭載させてみたのですが

キーワードで多かったのがルールに関してやデッキレシピについてですね

このブログはあまりデッキレシピ紹介するタイプのブログではないですが

キーワードとして多かったので作ったデッキ紹介増やしてみますかね



さて、今日は本当に強いデッキってなんだろうかについてです

人によって様々あると思いますが、勝てるデッキが本当に強いのか

確かに勝つという意味では強いと思います

ただ個人的にただ強いデッキというのは好みません

そこに自分の信念や自分の浪漫を搭載したデッキでなければたとえ強くても使う気にはなりません

ファンデッキなど自分が好きなキャラ満載みたいなデッキで勝つほうが勝てたときの喜びも大きいと思います

だからこそキャラを生かすためにデッキを作ろうと思うわけです

負けてもある意味満足できるのでこういうデッキのほうが楽しむことが出来ると思います

勝てるデッキでもCX事故や回らなかったから負けたとかそういう言い訳するくらいなら

負けてもやりたいことやりきった!好きなキャラ使って負けたんだから悔いはない

くらいのほうがいいと思います

本当の意味で強さを求めるなら自分の心と向き合ってみてはいかがでしょうか

個人的な意見なので勝てればいいという人もいるでしょう

ただ、カードゲームである以上絶対負けないデッキなど存在しないので己が求めるデッキを探し出しましょう
【2008/10/19 14:39】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新規参入カードの性能とPR誤?
はじめに拍手コメントを返します

>初めまして大会の読みました!いや~白熱してましたね自分もヴァイスやっているんですが…そんな上位にいったことがなくて羨ましいですでは失礼します(_ _)

拍手ありがとうございます><北国は人数少ないんで何とか上位って感じです

>勉強になりました!事前にレベル0のキャラでフロントアタックして相手にダイレクトアタックさせて打点を増やすなんて…全く考えてなかったわ~

このゲームはめくれる分クライマックスの可能性上がるんで終盤少しでも止めたいときの苦肉の策ですね

>よくタイミングが解らないで使ってくる人がいるからやめてほしいッス

そういう時は戻さないで、どのタイミングか教えてあげればいいんですよ~次から使ってねみたいな感じで
正しいルールは大事ですね

>理樹の参考にさしてもらいます

参考にしてもらえるとうれしいです><

本題

なのはのCX効果がなかなかずるい感じがしますね
それと今までの相打ち戦法に対策カード出てきましたね
応援で魔法持ちのキャラレベル上げてパワー500アップ
これからは相打ち以外にもきちんとしたパワー補助戦略をとっていく必要が出てきました

しかし、Fateの1レベルセイバーが魔法持ちとバトルでパワー2000上がったりと
現状の魔法持ちが多い状況をメタってくる形のカードも
魔法が少ないのはリトバスとディスガイアくらいですか

これら新規の参入でどうデッキバランスが変わるか楽しみですね


それはそうとヤフオクでシャイフォとKOFのPRカード画像探してたんですが
シャイフォのイラストレーターがほぼ100%間違ってますね
絵がいとうのいぢ先生っぽかったけど下のイラストレーターにいとういのぢって書いてました
いのぢさんって誰ですかね?
グーグル先生で検索するとおよそ350件くらいHITしますけど、のいぢ先生の間違いで出てきただけでしょうし
これから武士さんはどう対応するのでしょうか
やはり交換するんでしょうか

いよいよ後1週間ほどで3種トライアルスターターが発売します
楽しみでしょうがないです
【2008/10/16 14:15】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デッキレシピ紹介~赤緑パワーブースト~
今日は先日使った赤緑パワーブーストを紹介します
メインデッキのほうは微妙に完成しきっていないので完成したら紹介します

デッキレシピ紹介だけでは面白くないので各レベル帯での回し方等もつけます

レベル0 19枚

μ*4
あかずきん美魚*4
花咲茜*4
神北小次郎*3
八木ブリッヂ長官*4

レベル1 19枚

ゆず&慎*4
ロボ美春*3
スキーウェアのななか*4
ミス学園コンテスト*4
お掃除大好き*4

レベル2 4枚

晴れ着の小恋*4

CX 8枚
美春のオルゴール*4
伝わる温もり*4

レベル0
なるべくμとあかずきんで乗り切る
ヤギを後列配置しておいて場に残しておくことでだいぶ相手を牽制できる
とにかくストックをためることに集中しましょう
ちなみに7ストック溜まるとあかずきんのパワーが4000になるので忘れないで置くと便利です
引いたら晴れ着の小恋は必ず1枚は手札に持っておきましょう

レベル1
ゆず&慎とロボ美春が主力です
スキーウェアは手札に残しておくのが無難です。ヤギがあれば舞台に出しておいても構いません
小次郎を後列に1枚配置しておき、ロボ美春の火力を上げながら相手のデッキトップを操作してダメージを通していきましょう
また、ミスコンでストックを溜め込んでおくとベスト
このレベルで晴れ着の小恋を2枚確保できていればベストです

レベル2
早速後列に晴れ着小恋2枚セットしましょう
すぐさまレストしてストックをためます
スキーウェアや茜のパンプを使って相手を倒すのもあり、小次郎がやられてしまうがロボ美春をパワーアップさせて相手のレベル2カードを落としていくもあり
お掃除大好きは晴れ着小恋に使いましょう
1コスト消費しますが3ストック溜まるので損ではないです
手札に伝わる温もりがある時は、晴れ着小恋2枚をレストしてストックためた後にお掃除でスタンドさせます
その後キャラ移動で前に出して相手を殴りに行きましょう
小恋自身を倒されたくなければ後列に小次郎を配置してストックを使用してパワーを少し上げておきましょう
どうせ消費したコストは小恋のCXコンボでほぼ返ってくるので問題はありません

このデッキは序盤ストックがたまらないと非常に厳しいデッキですが
上手く回っていればレベル2になる頃には10枚以上のストックがあるはずです

欠点としてはトリガーアイコンでソウル+を持っているカードが少ないので相手へのダメージがあまり多くありません



上記はあくまで勝ちを狙ったらどう動くかなので、とにかく瞬間最大パワーどこまでいくか目指したいのであればひたすら攻撃してストックためるのが一番だと思います
【2008/10/15 14:11】 | デッキレシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大会レポ10月2週目ショップ
今日は勝ちを狙いにいったというよりどれだけ瞬間パワーを出すかに全力出してきました

使用デッキ
赤緑パワーブースト

1回戦
赤青みはねむ
レベル0でレベル1を引きレベル1でレベル2のカードを引く事故
出せるカードも少なくストックもあまり溜まらず、そしてダメージも止まらず瞬間18000出して負け

2回戦
赤青黄3色ゼロ魔
またも序盤にレベル0こない事故発生レベル1からもストックあまり溜まらずレベル2へ
レベル2で晴れ着小恋おいてストック貯めて起こして貯めてなどして16ストック貯めるものの
ダメージ止まらず使用する前に負け

3回戦
不戦勝

4回戦
青黄ペルソナ
やっとぶんぶん回ってくれた
先攻2ターンでコスト5たまってレベル1に
ミスコンつかってゆず慎相打ちしながらレベル2でストック16枚ほど
後ろに小恋2枚並べてストック貯める相手はキャラ事故してたので割りと舞台からキャラが落ちない
スキーウェア出して20コスト消費してパワー53000にクライマックス出して1000アップして
μフロントリバースでさらに1000アップで55000のハイパワー
ここでお互い3レベルでこっちが2点で負け向こうが4点で終わり
チート発動でまさかの全止まり、逆転したと思いきや相手もチート発動で全止まり
結局届かずに負け

5回戦
青黄ソウルビート
レベル0が一瞬で終わってレベル1に
ミスコン3枚つかって3コストためてゆず慎やレベル0並べる
8コスト消費してスキーウェアの火力上げて倒しながら戦ってたが
終盤CX引きすぎて止まらず負け


で、終わった後足りなかったお掃除大好き3枚入手できたので入れたデッキを回すために友達と対戦
パワー71000出して満足して負け

とりあえず、まともに回せば相当圧縮される分強いかなと
運悪くCXがストックにさえいかなければ山札20枚の中にCX6枚とかもありえる分非常に有効かと

今週末から全国予選が始まるのでメインのDC単スタンダード限界突破デッキで参加しようかと
しかし、これから魔法持ちのキャラがFate参入で相当苦しめられることは間違いないのでそこら辺の対策をしないと
現状魔法がほぼないのがリトバスとディスガのみなので
ここら辺がFateセイバー対策になってくるのかなと
これからの新勢力発売が楽しみですね

すでにディスガブースター3BOX予約したので来月が楽しみです
予定としてはプリニー隊のみデッキ作る予定なのでいっぱいプリニーが欲しいですね
【2008/10/13 23:56】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
相打ちキャラ対策講座
いつもコメントしてくれてる方ありがとうございます

こちらもとても励みになっています

これからも質問や迷ったときはご相談していただけたら全力でお答えします

今日はそのコメントの中にあったゆず&慎に苦しめられたとあったので、相打ちキャラ対策についてです

追記+本文修正2009/02/08

・レベル0相打ち

序盤にて最も凶悪なレベル0相打ちキャラクター

自分でも使っていますが後列にヤギやミスブル美魚などいるとアンコールされて序盤の場を制圧されてしまいます

正直言ってレベル0でこれらが並んでしまうことになったらレベル1のためのストックを貯めて蹴散らすしかありません

リトバスの華麗なる剣聖で相打ちにされながらも相手のデッキトップに送り返して次のキャラで控え室かクロックに送る以外の対策はないでしょう

・レベル1相打ち

ゆず&慎やP3の無達などのレベル1相打ちキャラクターです

どちらのカードもコスト消費無しで出てくるのが非常に厄介です

一つの対策としては手札アンコールを持っているキャラクターをぶつける

相打ちされてもこちらはアンコールコストが手札1枚で済むにも関わらず、相手は3コスト支払う必要があります

他の対策として応援などでパワーをプラスしたレベル0のキャラクターで倒す

相手はもちろんレベル1のキャラクターを相打ちに取りたいと思っているので、レベル0のキャラクターをぶつけて相打ちにしてしまうのも一つの手です

レベル0の3000バニラでも相手が応援なければパワーで相打ちになるのでそれでも有効です

他にもリトバスの友情の証をカウンターで発動しておけばアンコールコストも1低くなるだけでなく1ドローあるので手札も減りません

レベル1相打ちキャラクターの対策はいかにやられないかでなく、いかに相手に損したと思わせるかだと思います

結局やられてしまうことに変わりはないので相手に使ったのもったいないと思わせることが重要だと思います

・レベル2相打ちキャラクター

ゼロ魔となのはにいるレベル2相打ちカードです

特に厄介なのがなのはのヴィータでコスト1で出されるだけでなくクライマックスぶち抜けをあわせて突撃されると細かなダメージが普通より多く蓄積されてしまいます

ゼロ魔のほうはコストが2もかかるので警戒するほどでもないでしょう

手札に返すもよし、手札アンコールもちで倒すもよし自分のデッキにあわせたカードを入れておきましょう

しかし、ヴィータはパワー5000とレベル1のカードでも簡単に倒すことが出来るので、なるべくレベル1のカードで撃破を心がけることで被害が抑えられます

色によっては相打ちキャラクター対策は取りにくいですが、とにかく相手に使ってもったいなかったと思わせることを重視しましょう
【2008/10/12 21:24】 | 特定効果対策 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ルールQ&A
コメントで質問いただいたので返答させていただきます

Q.山札サーチ系のイベントカード(またはキャラの起動能力)をコストを払って使用宣言をし、山札の中に被サーチ可能なカードが無い(サーチ対象が全てストックや控えに落ちてしまっていた)場合は、支払ったコストや使用宣言をしたイベントカードはどうなるのでしょうか?

A.これらのカードは~枚まで選び手札に加えてよいなので0枚選んで加えたとみなし、使用宣言したコストやイベントカードは控え室に置いたままです
山札サーチ系の効果は使用前に控え室の確認をしておくと欲しいカードが残っているかの確認も出来るので事前確認しておくとよいです
ただし、ストックになっている可能性もあることを忘れないようにしましょう

Q.リトルバスターズの黄色レベル1コスト0のイベントカード『猫使いの秘密兵器』では『あなたはレベル0以下の相手の前列のキャラを1枚選び、手札に戻す。このカードをストック置場に置く』とあるのですが、相手の前列にレベル0のカードが無いときは、このイベントカードの発動を宣言してストック置場に置いてしまって良いのでしょうか?

A.ダカーポ緑のミス学園コンテスト(あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置く。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500)と同じようにばらばらに効果が発動しているので、空撃ち(対象を取る効果を発動させない)が可能です
なので、相手前列にレベル0のカードがなくても使用できます


疑問点等あればコメントでお聞きください
【2008/10/10 23:15】 | ルールQ&A | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
無駄があるからこそ面白い
ただ勝つより勝ったときより楽しめるようなデッキをヴァイスでも組みたいと思って

瞬間のパワーを3万とか4万とか出せるデッキを組んでる最中

カード不足で微妙に完成しきってはいないのですが友達と対戦して38000超えた時は笑いましたね

こういう無駄がいっぱいなデッキも対戦していて楽しめるものです

友達と笑いながら面白おかしくやるようなデッキも作ってみてはどうですか

緑のように自らパワーをあげるようなカードが多いとそういう無駄がいっぱい出来たりしますよ
【2008/10/10 19:47】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シュバルツサイド発表
第4シャイニングフォース

第5キングオブファイターズ

と発表されました

人気的にどうなんだろう?

KOF格ゲーなら人気あるかもしれないが、カードにしたからって売れるのだろうか?

シャイニングフォースは絵的に割りと好きだから買うかもしれないけど

先行き不安です
【2008/10/09 17:53】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
いよいよ明日
シュバルツサイド4つ目の作品発表ですね

ひぐらしが有力らしいですが、DNエンジェルも来るかもしれないらしくまさにwktkしますね

ゲームショウで今月25日に発売されるトライアルスターター3種が先行発売されます

残念ながら遠くていけないのでいける方が羨ましいです

他にも新型バインダーとの金銀交換やプレイマット発売など目白押しです

それ以外にもPRカードももらえるらしいのでいける方は行ってみてはいかがでしょうか

ヴァイスシュバルツ トライアルデッキ 魔界戦記ディスガイアヴァイスシュバルツ トライアルデッキ 魔界戦記ディスガイア
(2008/10/25)
不明

商品詳細を見る


ヴァイスシュバルツ トライアルデッキ 魔法少女リリカルなのは StrikerSヴァイスシュバルツ トライアルデッキ 魔法少女リリカルなのは StrikerS
(2008/10/25)
不明

商品詳細を見る
【2008/10/08 23:01】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CX効果付のアタック順番について
本題に入る前に、拍手コメントくれてる方に管理者画面からコメント返してはいるのですが見えてるんでしょうかね?

見えてないのでしたら今までのも含めて記事にて返答させていただきます

応援コメントをもらえる喜びを胸に更新しております

これからもよろしくお願いします><



今日はCX効果付のアタック順番、特にレベル1でコストを支払って回収やドローを行う場合について

順番も糞もないだろうよ

と思うかもしれませんが、リフレッシュの際にクライマックスがどれほど山札に戻るかという重要事項に関係するのです

例えば1コスト支払ってドローしました。トリガーでCX(クライマックス)がストックに溜まり、その後の前列キャラはクライマックス効果なく普通にストックが溜まります

このCXがストックに残った状態でリフレッシュするということは相手からのダメージ1回分止まらないことになるのです

つまり、アタック時にコストを支払って効果を発動するカードをCXがストックにいった段階で攻撃させるようにすればいいのです

コストを支払えばストックにいったばかりのCXがそのままコストで控え室に送られ、リフレッシュ時に山札に返ってきます

特に大事な試合でこのようなミスで負けてしまう場合もあるので覚えておきましょう

しかし、この場合に限らないときもあります

例えば相手のキャラを倒す順番などです。死ぬ気特攻でCXキャラを最後に残しておくとCXキャラまでバトルに負けてしまう場合に繋がるときなどはもったいないです

自分の舞台のキャラが全滅するようであれば、攻撃順番を変えましょう

このようにCXキャラをなるべく残しておけばいいのではなく、状況に応じて攻撃順番を冷静に判断することも重要なのです

より勝利に近づくためにも、適当に相手を攻撃し続けるのでなくいかに自分が有利に動けるかを考えて攻撃できるようになればいいですね

ただ、公式試合は基本25分のはずなのであまり長い時間考えればいいというものでもありません

楽しくやりたいけど勝ちたい!という人はまずこういうところをつめてみてはどうでしょうか

【2008/10/07 23:58】 | 確実なる勝利への一歩講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これから始める人へ~その3~
内容を始める前に管理者コメントにあった質問に答えさせていただきます

Q相手前列中央の大活躍持ちのキャラクターを自分の左か右のキャラクターでバトルして、相手キャラをリバースさせたとき
自分の中央のキャラクターはダイレクトアタックになるのですか?

A中央のアタックはフロントかサイドアタックになります。リバース状態でも大活躍という能力が発動しなくなっただけです
舞台に残っているのでフロントアタックした場合は通常通り相手のキャラクターがスタンドまたはレスト状態のときと同じようにバトルが発生します

Qアンコールステップはまとめて行うのがよいのですか?

Aまとめて行っても構いませんが、本来は舞台のキャラクターが控え室に置かれた場合コストを支払うことで舞台に戻ります
上記のことを覚えておけばまとめて行っても大丈夫です

Qクロックかレベルに同色のカードがなければクライマックスカードは置けないのですか?

Aはい、クライマックスはクロックかレベル置き場に同色のカードがなければ置くことができません


わかりにくかったらまたコメントで聞いていただければ、もっと状況を限定して説明します

それでは、今日の本題

3種類のアタックについて、複雑なアンコールについて、トリガーアイコン(カード右上のマーク)について説明します

3種類のアタック

フロントアタックは前列の同位置(自分が左なら相手は右)の舞台にキャラクターがいる場合に選択できるアタックの一つです

前回説明したバトルステップで互いのキャラのパワーを比べ、低いほうがリバース(逆さま)状態になります

サイドアタックはフロントアタック同様、同位置の舞台にキャラクターがいる場合に選択できるアタックです

フロントアタックとの違いはバトルが発生しません

その代わり相手の同位置舞台に置かれているキャラクターのレベル分与えるダメージが低下します

ダイレクトアタックは上記二つと違い同位置舞台にキャラクターがいないときのみ選択することが出来ます

逆に言ってしまえばキャラクターが存在しなければ必ずこのアタックを宣言しなければなりません

このアタックの特徴は与えるダメージが1点増えることです

複雑なアンコールについて

バトルフェイズにあるアンコールステップじゃないときのアンコールについて説明します

基本的にアンコールはバトルに負けたリバースキャラをアンコールステップで控え室に送ったときに発生しますが

メインフェイズ中パワーを下げる能力でパワーが0以下になったときや直接控え室に送る効果などでも発生します

パワーがちょうど0でも控え室に送られるので注意してください

これらの効果で控え室に送られた場合、そのときにアンコールの宣言をします

アンコールとは舞台のキャラクターが控え室に置かれたときに宣言することができる効果なのです

あくまで控え室に送られたときなので、何らかの効果で山札の上や手札に返されたときには宣言できません

トリガーアイコン

カード右上のマークについて説明します

・ソウルアイコン
アイコンの数分相手に与えるダメージが増えます。クライマックスで2つの同じアイコンが並んでるものは2点増えるということです

・扉アイコン
控え室にあるキャラクターカードを一枚手札に戻すことが出来ます

・本アイコン
まずこのアイコンを持つカードを解決領域(何らかの行動を解決するために一時的に置いておく舞台、手札、山札以外の場所)に置きます
次に山札の一番上のカードを一枚引きます
最後に本アイコンのカードをストックに置きます

・袋アイコン
上記と同じようにこのアイコンを持つカードを解決領域に置きます
次に山札の一番上のカードを一枚「裏向きのまま」ストック置き場に置きます
最後に袋アイコンのカードをストックに置きます

・風アイコン
相手の舞台に出ているキャラクターカード1枚を手札に戻すことが出来ます
もちろん戻さなくてもよいです

・何もない
もちろん何の変化もありません

これらのアイコンの正しい処理の仕方はきちんと覚えておきましょう


今までのことをきちんとできるようになれば、楽しくヴァイスシュバルツで対戦できます

今日の中身で不明な点はコメントにて聞いてください

例を挙げて説明したいと思います

それでは、これから始める人も楽しくプレイしていきましょう
【2008/10/06 14:55】 | 脱初心者講座 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
これから始める人へ~その2~
予告どおり自分のターンに出来ること、相手のターンに出来ることです

まず、自分のターンでどのような順序で行動が回ってくるかを確認します

スタンドフェイズ

ドローフェイズ

クロックフェイズ

メインフェイズ

クライマックスフェイズ

アタックフェイズ

エンドフェイズ

これら7つのフェイズで進行されていきます

順番に説明します

スタンドフェイズ

自分の舞台に出ている横向き(レスト)状態のカードを縦に(スタンド)させるフェイズです

特殊効果でスタンドしない効果を受けていない限り強制スタンドです

ドローフェイズ

山札からカードを1枚引きます

クロックフェイズ

手札からクロック置き場にカードを1枚だけ置く事ができます。カードを置いたら山札から2枚引きます

メインフェイズ

・手札から条件を満たしたキャラクターカードを舞台に置ける
・舞台に出ているキャラクターを前列と後列の好きな場所に移動することが出来る
・舞台に出ているキャラの特殊能力を使うことが出来る(条件を満たす限り何度でも使用可能)
・手札からイベントカードを使うことが出来る
・舞台に出ているキャラクターの位置を入れ替えることが出来る

メインフェイズ中であればこれらのことを条件が満たす限り行うことが出来ます

クライマックスフェイズ

クライマックス置き場に手札にあるクライマックスカードを1枚置くことができます

クライマックスを置いたらキャラクターカードを出したり、能力を使うことは出来ません

アタックフェイズ

アタックフェイズは次のステップから成り立っています

・アタック宣言ステップ
・トリガーステップ
・(カウンターステップ)
・ダメージステップ
・(バトルステップ)
・アンコールステップ

()がついてるステップはアタック宣言ステップで「フロントアタック」を宣言したときのみ存在するステップです
ただし、カウンターステップはアタックプレイヤーではなくアタックされる側に存在するステップです
アタックしたプレイヤーは黙ってみているだけのステップです

アタック宣言は「フロントアタック」「サイドアタック」「ダイレクトアタック」の3種類から状況に応じて宣言してください
なお、ダイレクトアタックが可能な場合にアタックするときは「必ず」ダイレクトアタックを宣言しなければなりません
残りのアタックについては次回に詳しく説明しますが、相手と自分の同前列にキャラが存在する場合にはダイレクトアタックを宣言できません
つまり、フロントかサイドアタックを宣言することになります

トリガーステップは自分の山札を1枚めくり、裏向きにして自分のストック置き場に置きます
このときストック置き場のカードの上に重ねるように置き、順番を変えることは出来ません
めくったカードの右上にあるマークの効果は次回で詳しく説明します

ダメージステップはキャラクターが持っているソウルと様々なカード効果や状況によって相手に与えるダメージを宣言
そして、相手は山札か1枚ずつカードをめくり、順番を変えずにクロック置き場に置きます
なお、ダメージを食らっている最中にクライマックスカードがめくれた場合、今までのダメージをクライマックスカードとともに控え室に置きます
4点のダメージで、2枚目にクライマックスが出た場合はそこでダメージが止まり山札をめくる必要はありません
クライマックスがめくれたらそこでダメージが止まります。もちろんクロック置き場には置かれません
あくまで、ダメージを食らう場合はクライマックスカードがめくれなかった場合のみです

アンコールステップはバトルに敗れたキャラクターカードを控え室に置きます
そのとき、ストック置き場のカードを上から3枚控え室に置くことで、控え室に置かれたキャラクターカードを元いた舞台にレスト(横向き)状態で置きます
なお、アンコールは必ず先攻プレイヤーから行います。後攻プレイヤーは相手のアンコールが全て終了してからアンコールを開始してください
複雑なアンコールについて詳しいことは次回に説明します

エンドフェイズは全ての行動が終了し、相手に行動権を渡します
エンドフェイズ時にクライマックスカードがクライマックス置き場に置いてある場合は、このタイミングでクライマックスカードを控え室に置いてください

以上が自分のターンで出来ることです

相手のターンで出来ることはキャラクターやイベントカードにぐーのマークがついているカードをカウンターステップに使うことが出来るだけです
ただし、一回のフロントアタックに対して使えるカウンターカードは1枚のみです
相手が1度目のフロントアタックを仕掛けてきた時に1枚、次のフロントアタックのときにも1枚といった具合になります

難しく書いてるように思うかもしれませんが、一つ一つ確認しながらやってみるとそんなに難しいことは書いてないと気付くと思います
対戦してみてよくわからないという部分がありましたら、コメントいただければお答えいたします

次回はそれぞれのアタックについて、複雑なアンコールについて、トリガーアイコン(カード右上のマーク)について書いていきます
【2008/10/05 23:19】 | 脱初心者講座 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
これから始める人へ~その1~
今まではすでに買ってプレイし始めてる人向けの内容でしたが

これから始めようとする人に向けて書いてみます

その1は準備と対戦前にすることです

準備

デッキ1つ

慣れない人はスターターに入ってるプレイシート

はじめはプレイシートがあったほうがやりやすいと思います

慣れたら使わなくても大丈夫です

デッキは50枚で一組です

説明書に書いてあるデッキ構築のさいのルールを確認しておきましょう

同じカードは4枚まで

クライマックスは合計8枚まで

開始前

友達同士の場合は特にする必要ないと思いますが

いずれ大会出たいと思っている人はよろしくお願いしますなど、きちんと挨拶をしましょう

まず、自分のデッキをシャッフルします。そして相手にデッキをシャッフルしてもらうときにお願いしますなど言いながら相手にデッキを渡してシャッフルしてもらいましょう

この際、トランプなどでよくやる切り方をされるのが嫌な人も多いです

なので、デッキを上から適当に半分とって入れ替えたり3等分して適当に入れ替えましょう

そして、お互いのデッキを山札置き場において手札とする5枚をまず裏向きのまま引いてテーブルにおきます

このとき手札の確認はまだしないようにしましょう

手札5枚を裏向きのまま置いたら、ジャンケンで先攻後攻を決めます

先攻後攻のメリットデメリットは当ブログ左のカテゴリヴァイス講座のどこかに眠っているので気が向いたら読んでもらうとうれしいです

先攻後攻が決まったらここで先ほど置いた手札を確認します

そして、一度だけ手札交換を行います

基本的に先攻からやりましょう。人によっては後攻の人が先に手札交換するのを嫌います

手札の交換の仕方は、まず今持ってる手札でいらないカードを控え室に置きます

そして、置いた枚数の数だけ山札からカードを引きます



ここまでがお互い同時にやっても問題ありません

大会などでは進行役の人に従ってください

ゲーム開始といわれてからこれらのことを行うこともあれば、ゲーム開始までに手札5枚裏向きで置いて先攻後攻決めておくこともあります

次回は自分のターンに出来ること、相手のターンに出来ることです
【2008/10/03 11:36】 | 脱初心者講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
わかりにくいタイミング講座
割りとみんな間違えている間違えやすいタイミングについて

今回はアタックしたときです

アタックしたとき、とはアタック宣言をしてレストをしたときのことをさします

クライマックス~が出ているときなどの効果はトリガーをめくる前に行いましょう

特に手札に返す系の能力持ちが一番間違えやすいと思います

たいていの人がトリガーめくってから手札に返そうとしますがこれは間違いです

まず相手の舞台のキャラを手札に戻してからトリガーをめくりましょう

同様に控え室からキャラ1体を回収したり、ドローしたりする効果も同じタイミングです

アタックされたときも同様に相手がアタック宣言をしてレストしたときですので注意してください

DC黄色にフロントアタックされた場合に発動する効果がありますが、相手がトリガーをめくる前に効果を発動させましょう

タイミングを覚えてスムーズにゲーム進行させていきましょう
【2008/10/01 22:09】 | 脱初心者講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。