スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
なのはブースター
ついに発売しましたね

しかし、なのはに興味はないので買わないと思いますが買われた方はいますでしょうか

来月にはFateブースターも出ますし、いよいよカードの種類も充実してきました

色々なデッキを作れるようになってくるのは嬉しい反面、単作品で勝ちが取りにくくなりますね

そんなことは気にせず、単作品で頑張っていこうと思います

だんだんと更新するネタがなくなりつつ、あったりもするので何か質問や聞きたいことなどありましたらコメントや拍手などで遠慮なくリクエストしてください

これからも頑張って更新続けていきますので、よろしくお願いします
スポンサーサイト
【2008/11/30 18:38】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大切な…仲間?
まずは拍手コメから

>両方とても参考になる理論でした。今はソウル理論側構築でやってますが中々難しいですね。如何にしてマオのフロントを通すかを毎回考えてますw

フロントアタックを通すだけでしたらCXコンボを上手く活用するといいと思います
アタックは宣言した段階で変更できないので、マオの正面のキャラクターをストックに送ってしまえばよいでしょう
ディスガイアにこだわらないのでしたら、DCの美夏覚醒みたいな相手のカードを舞台外に送ってしまってダイレクトという方法もありますよ
ただ、マオは後ろのサファイアか萌を配置してサイドアタックするだけでも十分やっていけるキャラだと思います


さて、今回はコストの割りに好きなカードを戻せる強力カードの紹介です

カラー:黄

レアリティ:U(アンコモン)

カード名:大切な…仲間?

レベル:2

コスト:2

テキスト

あなたは自分の控え室のカードを1枚選び、山札に戻す。その山札をシャッフルする。このカードを思い出にする



もちろん戻すカードはCXだと思います

普通に考えて止まる回数も増えますからね

ただし、使いどころが問題です

自分の山札の枚数が少ないときにこのカードで戻してしまうなんてやっちゃいけないことです

リフレッシュ後すぐに落ちたCXを戻しましょう

残り枚数が少ないときに戻してしまっては使ったターンの攻撃でストックにいってしまう可能性が高くなるだけです

なるべくそのようなことがないようにリフレッシュを計算して使いましょう

このカードの問題点をあげるとすれば、入れてまで使う必要があるのか

確かに強いカードではあるのですが、他にも入れたいカードはたくさんあるので入るスペースがなかったりします

そこをどう調整するかに使い手の腕がかかってくるカードだと思います
【2008/11/27 00:58】 | ヴァイス黄 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
舞台制圧理論
いつも通り拍手コメからで

>やっとプリニー完成したんですね!おめでとうございます

ありがとうございます。友人たちの協力なくして成し遂げられませんでした
自力で40枚近くは集めたんですけどね

>やっぱり難しいっすね!(笑)俺らはもう全部「さすがヴァイスシュバルツ」とかで片付けますよ(笑)

運ゲー運ゲーとはいいますけど、考えると実際そんなに運ゲーではないんですよね
CX配置が運なだけであとはシャッフルの仕方とかで変わってくるんで意外と考えれば勝ちやすいという

>ようするにCXが少なくなれば打点が通りやすいということで、自分はD.C.のバナナパフェを2枚ほど採用していますよ。コストが大きい上に、Lv2からの使用なのが玉に瑕後半に1枚でも使えればアドバンテージは大きいと思います

確かにバナナパフェでCXを除去できれば強いのですが、問題点は二つ
一つ目はコストが重いこと
二つ目は相手がリフレッシュする前にCXを除去しなければいけないこと
この二つの問題点さえ解決すればかなり強いカードの一つだと思います


今日は舞台制圧理論です

舞台制圧理論のメリット

・自分の舞台が強力な前列それを支援する後列で埋まっていてパワー勝負に負けることはまずない

・舞台に残り続けるのでストックや手札の消費を抑える事が出来る

序盤から中盤にかけては大差でないですが終盤は自爆特攻しかけてダメージを狙ってくるかもしれませんが相手の手札やコストが尽きるのでしのぐ方法さえ見つければかなりのアドバンテージになります

ディスガイアのL3で正面キャラのソウルを-1するなどのカードを使うことでより安定した戦いが出来るでしょう

舞台制圧理論のデメリット

・除去対策を考えておかないとストック不足になってしまう


音夢みはがある意味舞台制圧の代表例ですが、後列の美春が除去されたときやバウンスやレベル2以下を舞台外に移動させるカード

このようなカードの対策を考えておかないとジリ貧になってしまいます

基本的に高パワーのカードはコストが2かかるのできちんとストック管理が出来ないと出せなくなります

それだけでなく相手のキャラを倒すことも出来ないのでさらに状況は悪化します

いかに対策を取るかにかかっていますが、対象に取られないようにするカードを入れたりレベルを上げるカードを入れることで多少の対策になります

あとは、上手く立ち回ることが重要ですね

無駄な行動をすることで逆転されてしまったりすることもあるので、最後の最後まで気を抜かないようにしましょう



個人的にはソウル理論をお勧めしたいです

舞台制圧+ソウル理論という組み合わせも出来なくもないので色々なカードを探して使ってみるのが一番だと思います



ここまで書いておきながら個人的には自分が好きなキャラや好きなカードを使ったデッキが一番楽しいと思います
【2008/11/26 18:50】 | デッキ作成講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソウル理論
まず拍手コメから

>プリニー42枚揃えてるとはすごいですね・・・エトナを加えたプリニー落としデッキは案外強いので試してみてはどうでしょうか。RR集めは大変ですよね・・・

プリニーは友人や知り合いの協力もあって60枚以上はあるので、期待に答えてデッキを組みました
普段は50枚デッキで何ターンで勝てるかなゲームに使用しています
エトナは人気なので非常に集めるのに苦労しましたが、何とかエトナデッキを組んだのでそれにプリニーを足してやっていますね
たしかにプリニー落としは結構楽しいです。プリニーにやられていくのが相手からすれば結構悔しいみたいですよ



さて、今日は独自の理論を語ってしまおうかなと

独自理論としてソウル理論、舞台制圧理論があるので互いのメリットを交えて書いていきます

ソウル理論とは文字通りソウルつまり打点を重視した考え方です

いくらキャラクターのパワーを上げようともソウル1で相手に1点ずつでは勝ち目がありません

いかに相手に大ダメージを与えるか、どのようにそうするかを中心にデッキを組むための一つの考え方がこのソウル理論です


ソウル理論のメリット

止まらなければ相手に大きなダメージを与えることに繋がり、その後のドローがCXである確立、アタック時のトリガーがCXである確立を高くする

相手のデッキ切れからリフレッシュによるダメージを確実に与えていける


最初に書いたことの意味がわからない人もいると思うので簡単な例を挙げてみます

相手のデッキ残り枚数が25枚であり、CXが5枚残っていたとしましょう

このターンの自分の最後の攻撃で5点与えたとしましょう

これが止まらずクロックにいったとき、相手のデッキは20枚でCXが5枚残っている状態になりました

20枚のうち5枚がCXということは4枚に1枚はCXということになります

最初のドローで必ず1枚引き、クロックドローをすることでさらに2枚

そして、総攻撃を仕掛ければ3枚のトリガーがめくれます

クロックドローをしなかったとしても、4枚はほぼ確実にデッキから消えるのです

つまり最低1枚はCXである確立が高いということです

ところがさっきの攻撃で1点しか与えれていなかったとしたら、24枚に5枚

これはおよそ5枚に1枚の確立でしかないのです

たった1枚の差ですが、必ず後に大きく響いてきます

相手がストックにあるCXをそのままの状態でリフレッシュに入ったときを考えるとリフレッシュ後に止まる回数が1回も違うのです

この1回の差で負けた人もかなりいるのではないかと思います

それくらい違うと考えてよいでしょう

2番目のは読んでそのとおり、リフレッシュは必ず1点ダメージとなるのでたかが1点と考えず貴重な1点であると考えましょう


ソウル理論のデメリット

相手に大きなダメージを与えることからダメージが止まりやすい

相手のレベルが非常に早く上がってしまう可能性があり、舞台が壊滅状態になる可能性がある


当たり前のことですがダメージが高いほどめくる枚数も多いのでキャンセルが発生しやすいです

逆に止まらないと相手のレベルがどんどん上がるのでこちらがL1の間にどんどんL2の強いキャラクターが並ぶ可能性も高いということです



一長一短の理論ですが、実際のところ大ダメージが通る可能性もなかなか高いのでこの理論は安定した勝利を得る可能性のほうが高いです

どんなにCXを完全に均一の場所に置いたところで6点のダメージは通ります

要するに4点までのダメージが通る可能性は十分にあるということです

実際はそんな均一に並んでることはありえないので必ずCXからCXまでの間が長い部分が存在します

そこを突いた考えがソウル理論です

人によって色々考え方があるので、仲のよい友達と真剣に勝ちを考えてこのようなことを考えてみるのも楽しいと思います
【2008/11/25 18:50】 | デッキ作成講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久々のショップレポ
まずは拍手コメから

>質問に答えていただいてありがとうございます。これでプレイしながらデッキが調整できるようになりました。ありがとうございます

また何か質問ありましたら答えれる範囲で答えますので、遠慮なく質問してください


それでは昨日のショップレポです

使用デッキ
蝶本気42プリニー~俺がプリニーっす!俺を投げるなっす!~

1回戦
黄緑ペルソナ

序盤から相手が引き事故を起こしていたので、遠慮なくプリニー3体並べてCX使いながら殴り続ける
中盤も同じで相手がやっとキャラを出してきたけど、たまりにたまったストックでアンコールしながら攻撃を休めない
終盤もそのままの流れで勝利

2回戦
黄青かにさんバウンス

序盤からプリニー並べてCX使いながらダメージ与え続ける
終盤に近づくときに相手がかにさんバウンスでなぜかプリニー3枚全部戻したのでそこからクロックドローせずに配置してただ攻撃する
お互いチートキャンセル発動したもののあと一点与えればよかっただけなので勝利

3回戦
不明

序盤からプリニー並べるもののCXを引かずにトリガーで使ってしまい止まらない打点上がらないで悲惨なことに
リフレッシュ後も同じ状態が続いてしまい逆転できずに負け

4回戦
赤青DC

3回戦と同じどころかストックアイコンでCXがストックにたまっていたみたいで、リフレッシュしてもほとんど返ってこない状態に
CXも引けないので打点が全然上がらずそのまま負け


結果2勝2敗

実際このデッキで勝てるときはちゃんとCXを引いてきてなおかつCXをトリガーしないときだけですね
そうでないと打点もパワーも低すぎるので舞台持ちも悪いですし、やっぱり勝てないです

しかし、結果よりもディスガイアのプレイマットをゲットできたほうが正直大きかったです
カートン購入じゃないと手に入らないのはやはりつらいので、すごくラッキーでした

ディスガイアカップやシュバルツカップも始まってくるので、それに向けてデッキを組みたいと思っていますが
最凶の魔王ラハール2枚足りず、組むに組めない状況
代替デッキは用意してるのですが赤緑ラハールデッキを早く組んでしまいたいですね
【2008/11/25 09:44】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最凶の魔王ラハール
拍手コメから

>音夢みはデッキに対抗デッキって感じでとうとう出てきましたよね?ディスガイはラハール。なのは、フェイトにも凶悪な応援が出てくると思うと怖いっす

そうですね、やはりなのはとFateの特定キャラ応援の存在は気になります
個人的にはアーチャーを含むを強化するカードが出てきてくれると嬉しいですね


今日はラハールデッキの要と言ってもいいカードの紹介です

カラー:赤

レアリティ:RR(ダブルレア)

カード名:最凶の魔王ラハール

レベル:2

コスト:2

パワー:7500

ソウル:2

特徴:悪魔・武器

テキスト

【自】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「通りすがりの魔王」があるなら、そのターン中、このカードのパワーを+3000し、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードとバトルしているキャラが【リバース】した時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。』(ダメージキャンセルは発生する)
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]

CXとのコンボでさらに相手に追加ダメージを与えるという凶悪カード

そうでなくとも姉御肌のプリニーが後列にあるだけでかなりの脅威を持っているカードになります

手札アンコールを持っていることもその要因の一つです

上手く回収や舞台アドの維持を続けることで、よりこのカードの強さが見えてきます

しかし、姉御肌のプリニーがいないとそこまで高くないパワーなのであっけなくやられてしまうと思います

いかにやられず残り続けるか、CXとのコンボを上手く決めれるかにかかってくると思います

この効果で相手に勝利したときなど考えただけで熱くなってきますね

ラハールデッキを考えている方は是非このカードを採用して使ってみてください
【2008/11/24 17:13】 | ヴァイス赤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
姉御肌のプリニー
その前にシクレコメから

>自分の場のキャラを任意で控え室に送ることはできますか?場が埋まっていて置けないことがありました^^;

舞台にいるキャラを控え室に送ってそこに新しいキャラクターカードをセットすることが可能です
何もなしに控え室に置くことはできないので、新しいキャラクターを必ず置くようにすれば大丈夫です

>初めまして。
最近始めようと思ってカードを買ったはいいんですけど、どうも細かい説明がなくて四苦八苦しています。
お恥ずかしいながら、質問に答えていただければ光栄です。

まず、コストはどこから払うのかよくわからないんです。
説明書をみても「コストを払って……」としか書いてなくて……手札からその枚数分控室に置くのか、はたまたデッキから控室にその分置くのかわかりません。

それと、ストックのカードはどうやって使えばいいのかもわからないので答えていただければ嬉しいです。


まず、コストはストック置き場にあるカードを控え室に置くことで払います

このときストックは必ず上にあるカードから順番に使用してください

そして、ストックを増やすには前列のキャラクターで攻撃する必要があります

トリガーステップでトリガーをめくった後にこのカードが裏向きになってストック置き場の一番上に置かれます

気付くのが遅れて大変申し訳ありませんでしたm(__)m



今日はラハールデッキを作る人に欠かせないこの一枚の紹介です

カラー:緑

レアリティ:R(レア)

カード名:姉御肌のプリニー

レベル:1

コスト:0

パワー:2000

ソウル:1

特徴:プリニー・愛

テキスト

【永】他のあなたのカード名に「ラハール」を含むキャラすべてに、パワーを+500。
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500し、《愛》を与える。

ラハールを含むカードを強化します

ラハールを含むカードは音夢並みに多いほうなので、非常に使いかってのよい一枚でしょう

欠点とすればレベル1という色縛りの制限を受けるところですね

下の愛を与える効果は愛マニアフロンの効果の対象になるので、ある意味フロンデッキとも相性のいいカードとも言えます

しかし、真価を発揮するのはラハールと組んだときですね

ラハールを含んでいればどこにいてもパワー+500ですから

ちなみにレベル0のニセラハールもラハールを含んでいるのでパワーアップします

控え室にプリンスがいればレベル0なのに何故かパワー5000とかいう楽しい性能になってくれます

これからラハールデッキ作ろうとしている方は是非このカードを使って強さを実感してみてください
【2008/11/22 19:15】 | ヴァイス緑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堕天使フロン
拍手コメから

>最近ヴァイス始めたばっかりです。エトナデッキできそうなので、参考にさせていただきます。ありがとうございます!!!

参考になったのでしたらよかったです

エトナを軸に他の方向へ延ばすことも可能なので色々と試してみるのもよろしいかと思います

今日は悪魔デッキで大活躍するこのカードを紹介します

カラー:黄

レアリティ:RR(ダブルレア)

カード名:堕天使フロン

レベル:1

コスト:1

パワー:2500

ソウル:1

特徴:天使・悪魔

テキスト

【永】応援 このカードの前のあなたの《悪魔》のキャラすべてに、レベルを+1し、パワーを+500
【起】 集中 [① このカードを【レスト】する] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の《悪魔》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000し、ソウルを+1

相打ち対策+リフレッシュ前の調整役

どちらの効果もかなり優秀です

悪魔限定とはいえレベルを上げさらにはパワー+500

赤と組んでしまえば大体主要カードが悪魔になるのでちょうどいいでしょう

下の効果はレストはするものの4枚控え室に送るので最後のレベル2のフレッシュ調整に役立ちます

集中のときのパワー+1000とソウル+1の効果も忘れないでおきましょう

相打ち効果を持たせてくる相手にはかなり絶大な効果を発揮します

そうでなくてもサイドアタックを通らなくさせるという意味で非常に強い効果を持っています

RRという点が集めにくいと思われますが、是非集めて使ってみてください
【2008/11/21 23:58】 | ヴァイス黄 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダークヒーロー
拍手コメから

>このエトナデッキに近いですけど…自分はバックにL2の頼子さん置いて暴君エトナやプリニーで打点与えるデッキにしてみました。ただ…魔王の家来エトナの2つ目の効果が腐るのが難点ッスね!L0はプリニーしか入れたくないこだわりなので幼少エトナが入んないっす。入れたとしてもL2謙語(字があってるか判りません)に溶かされるから不安が…。長々失礼しましたm(_ _)m

謙吾で幼少エトナを溶かすメリットがほとんどないので、あんまり心配はいらないかと思っています
理由として、応援効果がただレベルを上げるだけなこと魔王の家来エトナがいてなおかつプリニーもちがいないと意味がないからですね
PRカードでL0の黄色エトナが出てきたらいいんですけどね~
でないとエトナが微妙に足りないので完全にエトナのみにできないですし
いろんなデッキに派生させれると思うのでエトナは万能な気がしますね

さて、今日はほんとにコモンでいいのかカードの紹介です

カラー:青

レアリティ:C(コモン)

カード名:ダークヒーロー

レベル:1

コスト:2

テキスト

【カウンター】 あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはこのカードをこのカードがいた枠に【レスト】して置いてよい。』


2コストアンコールできるうえにクロック1枚を取り除く蝶優秀カード

本当にコモンでいいのだろうかと疑問に思ってしまう性能です

序盤から終盤にかけていつでも使える使いどころを選ばないカードなので、キーカードを守るために使いましょう

ディスガイアは青のクロック除去カードが今までのと比べると非常に強いと思います

このカードは思い出にならないので再び使えるのがさらに強さを見せつけていると思います

もう一つのプリンの山と組み合わせることでより安定したクロック除去ができるのではないかと思いデッキ試行錯誤中です

ぜひこのカードの強さを使って実感してみてください
【2008/11/20 09:50】 | ヴァイス青 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エトナデッキ
今日は、カード紹介でなくデッキレシピの紹介でも

ただ、エトナとついてるカード入れただけなので紹介するまでもないかもしれません

実は完成していないのでまだ回してはいないのですがどんな感じに立ち回るか程度は考えているのでそちらがメインかなと

L0 22枚
幼少エトナ*4
魔王ラハール&家来エトナ*4
プリニー隊*6
世界で一番強いやつエトナ*4
魔王殺しエトナ*4

L1 12枚
エトナ&フロン*4
無職エトナ*4
魔王の家来エトナ*4

L2 8枚
暴君エトナ*4
超時空美少女悪魔エトナ*4

CX 8枚
美少女超魔王*4
魔王ゼノン倒される!!*4



このデッキのキーは魔王の家来エトナのCXコンボです

CXが置かれているときアタック時1コストで特徴プリニーを持つカードを山札から探してきます

プリニー隊しかいないじゃないか!と思う方もいるかもしれませんが違います

実は暴君エトナがプリニーを持っているのです

つまり暴君エトナを持ってくることを目的としています

さらに魔王の家来エトナのもう一つの起動効果に1コストで特徴プリニーを持つカードにレベル以下相打ち効果を持たせることが出来ます

2レベル以下か0レベルしか倒せないじゃん!

しかし、これも間違っています

幼少エトナの応援効果でレベルを底上げすることが出来ます

つまりプリニー隊でも中央にあればレベル2を相打ちに取れるのです

暴君エトナも強力なパワーを誇るレベル3のカードを相打ちに取ることが出来ます

しかし、レベル3のカードを相打ちに取ったところでアンコールされるだけだと思いますが必ずではないので価値がないわけではないです

幼少エトナはレストすることで魔王を含むカードのパワーを500上げる効果があるので、後ろに並べていて損はないです


大体こんな感じに立ち回っていくのがメインだと思います

最終的に時空美少女さえ出ればパワー不足も解消されます

エトナ大好きな方に是非作って使ってもらいたいデッキです

悲しいことにエトナのレア度が全体的に高いことと魔王ラハールと家来エトナがスターター限定であること

ここがかなりのネックですがエトナラブの人たちならば必ず作れると信じています



しばらく後の紹介になると思いますが今個人的に考えているのが

ディスガイア1デッキ

ラハール、フロン、エトナ、そして姉御肌のプリニーの忠実なデッキです

ディスガイア3デッキ

ラズベリルとマオ、そしてアルマースとサファイアにプリンの山やダークヒーローを積んだ回復しつつ立ち回るデッキ

ここにロザリンドか黄色のラハールを入れることで終盤のダメージを抑えることも出来るようにつくろうかなと思っています


しかし、ディスガイアのカードを見れば見るほど面白そうなデッキを作れそうでわくわくします

コンプリートも目指しているのでまだまだ買わなければ揃いません

まだまだたくさん紹介していきたいと思いますので楽しみにしていただければなと思っております
【2008/11/19 00:19】 | デッキレシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロザリーの家来タロー
拍手コメから

>フロンって結構凶悪な効果多いですよね。愛マニアとか。エトフロでデッキ組んでますけどかなり凶悪です。ラハールは枚数が・・・

フロンはサポートとしてかなり優秀な効果ですよね。愛マニアも姉御プリニー使えば効果範囲も増大しますし
ラハールもRRとかですし、なかなか揃えれないですね

今日は最強コモン筆頭!と個人的一押しカードです

カラー:青

レアリティ:C(コモン)

カード名:ロザリーの家来タロー

レベル:0

コスト:0

パワー:2000

ソウル:1

特徴:悪魔・牛乳

テキスト

【永】このカードの下のマーカー1枚につき、このカードのレベルを+1し、パワーを+1500

【自】 このカードとバトルしているキャラが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置いてよい

序盤できちんとサイズアップに成功すればまず完璧に負けないカードです

相打ちカードなどの効果はリバースどっちが先か迷うかもしれませんが、同時発生はターンプレイヤー優先なので自ら攻撃しに行けば相打ちに取られません

相手のレベルを上げずにいかにこちらのサイズを上げるかですね

応援を駆使すれば簡単には負けません

プリニー隊を使うことでより安全に相手のカードを倒すことが可能です

さらに言えばマーカーを置く効果は強制でなく任意なのもポイントです

6枚下に置けばもう負けるようなパワーではありません

レベル3のカードさえ倒してしまう強力なパワー、そしてサイドアタックを通さないレベルになっています

欠点はバウンスです

レベル指定のないバウンスカードが最大の弱点ですが、リトバスのマジック小毬で対象を取られないようにすればそれこそ完璧です

非常に面白い一枚だと思うので気になった方は使ってみてはどうでしょうか
【2008/11/18 00:31】 | ヴァイス青 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
元・天使フロン
>自分も3box買いましたSP1枚、SR1枚、RRR1枚、銀券1枚でしたよ。('-^*)/

おおーいい感じの結果ですね
SP出るとか羨ましいです

で、今回はRなのにこの能力いいの?ってカードの紹介です

カラー:赤

レアリティ:R(レア)

カード名:元・天使フロン

レベル:1

コスト:0

パワー:1000

ソウル:1

特徴:天使・悪魔

テキスト

【永】他のあなたの<<悪魔>>のキャラ全てに【自】アンコール[手札のキャラを1枚控え室に置く]を与える

【自】[①]このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたの控え室のクライマックスが4枚以上あるなら、あなたはコストを支払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラ1枚を選び、手札に戻す

赤を使う悪魔デッキなら必須カードとなりえるカードです

何と言おうと他の悪魔全てに手札アンコールを与えるということが凶悪です

そして、いらなくなったときに下の効果できちんと必要なカードを持ってくるというなんとも使いかってのいいカードです

なによりコスト消費無しで舞台におけるのはまさに反則級でしょう
【2008/11/16 16:07】 | ヴァイス赤 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
祝発売!
ディスガイアブースター発売しました!

もう手に入れた方、まだ手に入れていない方いると思いますが今日の結果を

3BOX購入

SR2枚、RRR1枚(重大エラッタ仕様)、銀券1枚

なかなかの結果だったと思います

残念なことにRやRRが被りすぎて、持ってるレアのほとんどが3枚以上あります

逆に言えばあとちょっとで4枚になるから積みやすいということでもありますね

しかし、カードテキストを読んでディスガイアのカードは非常に楽しいカードが多いです

特に気になったのが青L0のタローです

相手をリバースさせるたびに強力なカードとなっていく反面、デッキの総数が減っていきます

このカードは非常に面白いカードだと思っています

レベル3のカードは非常に強力です

何故バール以外アンコモンなのか不思議です

ディスガイアの青はクロック除去が優秀なので、これを軸にデッキを組むと安定した勝利を手に入れることも可能な気がします

明日から特に気になったカードをどんどん紹介したいと思います
【2008/11/15 18:15】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ディスガイアの重大なエラッタについて
公式ホームページでも告知されていましたが

日ごろ当ブログを先に見てくれている方へ

緑のレベル2、コスト2の暴君エトナのパワーが「4000」となっていますが

正しくは「7500」とのことです

公式ホームページにて詳しい情報が載っておりますので、そちらのほうも是非ご確認ください

http://ws-tcg.com/rules/errata.html

こちらで確認できます

いよいよ発売日ということで開店と同時に予約した3BOX取りに行ってきます

次の更新はあたりや面白そうなカード名の紹介だと思います
【2008/11/15 00:34】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
発売日迫る
土曜日まで近いようで遠い今日この頃

公式での新規カード紹介で続々登場する極悪カードたち

ディスガイアは高パワーのイメージがありましたがレベル3を除くと全体的に低いような気がします

ただ単純に紹介しているカードが低いだけならいいのですが、そうじゃないような気もします

緑は残念な色と言われ続けていました

しかし、ディスガイアの登場でかなり日の目を見る色に

現段階でかなり強力なカードが3種類も紹介されています

魔王ラハール回収のフロン

舞台に1体だけなら相手リバースさせるだけで確定1点の魔王バール

そして、レベルアップと引き換えに相手舞台の全キャラクターのパワー-3000効果の飛天無双斬

特にバールは専用デッキを組むことで前列3体で殴りながらバールの効果も使える用に

待ち遠しいです

今のところは魔王ラハーループデッキを考えていますが、その他のカード次第では確定バールデッキのほうが強い気がしますね

青と黄色のカード情報が少ないので発売が非常に楽しみです
【2008/11/12 21:16】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
魔界のプリンス ラハール
>へぇ~、フロン効果強いッスネ。ただ自分としてはエトナかプリニー関連を出していただきたいッスよ

安定して魔王ループさせれる可能性が上がるだけで十分な強さですよね
同じくプリニー関連はいっぱい出してもらいたいですよね
プリニーには期待してます

今日はカード紹介です

ディスガイアが出てからはディスガイアだらけですが、面白いカードが多いのでご了承ください

カラー:赤

レアリティ:TD(トライアル専用)

カード名:魔界のプリンス ラハール

レベル:1

コスト:0

パワー:3000

ソウル:1

特徴:悪魔・武器

テキスト

【自】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「地球の王」があるなら、あなたは相手の控え室のカードを1枚選び、山札の上に置いてよい

【自】 絆/「エトナ&フロン」 [①] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「エトナ&フロン」を1枚選び、手札に戻す)

助太刀回収+ラストアタック用

下の効果は言わずもがな0コスト助太刀を回収です

手札が増えるだけでなく相手のフロントアタックを躊躇させる牽制にもなります

上の効果はレベル2の相手にサイドアタックすることで1点ダメージを確実に与える戦法に使えます

ただトリガーアイコンでソウル+がついてしまうと確定じゃなくなるのでそこは注意が必要ですが

少なくとも与える可能性が高いということに違いはありません

欠点とすればパワー3000しかないのでレベル0のキャラクターさえ倒すのが困難であるということです

しかし、そこはCXコンボや回収用として使うということで妥協するしかないです

出すのにコストがかからないというの長所なのできちんと生かしたデッキを作るといいでしょう
【2008/11/10 01:29】 | ヴァイス赤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ディスガイアブースター発売まで1週間
いよいよ来週発売ですね

本当に楽しみです

公式のTOPに魔王回収のフロンがのっていて赤緑が強いんじゃないかと思っています

序盤をどう乗り切るかってところもあるんでしょうけど、ストックを溜めつつ終盤で魔王をきちんと出せる状態に出来ればかなりの強さだと思います

他のカード次第でも多種多様なデッキが組めると思います

来週の発売からはしばらくカード紹介が続くような気がします

そのうちディスガデッキのレシピ紹介します

まずはブースターですね
【2008/11/08 18:52】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
効果の対象について
結構多いと思うので、書いておこうかなと

Q.「簡易スーツの和泉子」などの永このカードは対象に選ばれない。をもっているカードは「ハルマゲドン」や「聖剣の担い手セイバー」などの効果の対象になるんですか?

A.ハルマゲドンもセイバーも効果を与える対象を選んでいるわけではないので、効果を受けます
対象に選ばれない効果の影響を受けるのは、プリニー隊の前列キャラ1枚を選んでやバウンスの相手のカードを1枚選んでという効果の対象にされないということです

同じようにゆず慎のこのカードがリバースした場合、相手のレベルが1以下ならリバースしてもよいなどの効果も受けます

結構勘違いしている人も多いと思うので、間違えないように気をつけましょう
【2008/11/05 09:18】 | ルールQ&A | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Fateブースターに期待
それは何故か

まず、「アーチャーを含む」カードの強化キャラクターが出てきて欲しいですね

そして、Fateのアーチャーとディスガのアーチャーをガン積みします

指定はないので、ディスガのアーチャーも強化されます

そして、無限の剣製を詠唱しながらアーチャーを出して最後にディスガアーチャーを出して詠唱を完成させます

要するにただの自己満足です

知らない人との対戦でこんなことはしないようにしましょう

(´゚д゚`)?って顔をされるだけなんで

身内で楽しく無駄なことをしましょうな感じのときにやりましょうね

もちろんやらないのが得策です!



こういう関係ないネタで盛り上がってみるのもこのカードゲームならではの楽しみ方ではないでしょうか

僕はそう思います

他のカードゲームと違い、同じカードを何枚でも出していいからこそ出来るネタだと思うのです

もちろんやらないのが得策です!

大事なことなので二回言ってみました
【2008/11/05 02:01】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月第1週ショップ大会
今月からプロモがディスガで嬉しいですね

全部出て4枚確保しますかな

今回もプリニーwith魔王ループ

1回戦

身内戦、ディスガ

レベル0はよかったのにレベル1のとき出せないレベル2以上を引いた

魔王ループする前にそのままの流れで負け

2回戦

Fate

レベル0でプリニー並べるも、またまたレベル1で出せるカード引かない

レベル0で出せないカードを引く確率のほうが低いのに今日は引きが弱い

魔王ループする前に引かずに負け

3回戦

不慮の事故(不戦勝)

4回戦

赤黄DC

プリニー並べて1枚落として3000倒しに

そのままの流れで今度はレベル1でもきっちりキャラを出す

リフレッシュ前にラハールと中ボスが残っていたのにどっちも引かないでリフレッシュ

最後もラハール来ないで負け


今日は引きが弱すぎてどうしようもない日でした

その代わりプリニーが4枚増えて18枚に

それでもまだ32枚足りない

ブースターが楽しみすぎて仕方がない

早く発売して欲しいですね

ガチデッキ組むためにもプリニー隊単作るためにも後2週間が長く感じます
【2008/11/03 23:58】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
“ビューティー男爵”中ボス
本日もカード紹介となっております

今回はタイミングさえ合えばリフレッシュダメージなく山札を元通りに出来るカードの紹介です


カラー:赤

レアリティ:TD(トライアル専用)

カード名:“ビューティー男爵”中ボス

レベル:2

コスト:1

パワー:7500

ソウル:1

特徴:悪魔・遺言

テキスト

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたの山札が5枚以下なら、あなたは自分の控え室のカードすべてを山札に戻す。そうしたら、その山札をシャッフルし、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。(ダメージキャンセルは発生する)
【自】 バトルしているこのカードが【リバース】した時、あなたはこのカードを山札に戻してよい。そうしたら、その山札をシャッフルする

二つの能力どちらも使える能力です

まず一つ目の効果は読んでその通り山札を戻すのを少しだけ早く出来ます

平凡な僧侶の集中と組み合わせることで安定してこの効果を使えるのも心強いです

次に下の効果なのですが、一見ダメージキャンセルしにくくなると思いますが

残り山札5枚以下になりそうなときにリバースした中ボスを戻して、引く確立を上げるということです

中ボスを戻してドローとクロックドローあわせて5枚以下になる状態で、こいつを引いてきたら上の効果が使えるというわけです

なにより、自分の山札は元通りになるのに相手にダメージを与えれるというのは大きいのです

ダメージキャンセルは発生しますが、発生したときは儲け者です

なぜなら、こいつの1ダメージのおかげで戦闘時の大きなダメージが通る確率が上がるからです

このカード自身のパワーは低いですが、テキストをきちんと使うことでその弱点を補えます

是非一度この能力を試してみてはいかがですか
【2008/11/02 23:53】 | ヴァイス赤 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。