スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
5月4週目月曜大会レポ
地区決勝までおよそ2週間と迫ってきました
白は早くても今週末まで新型プロトタイプ完成しないでしょう
カードが微妙に足りませんw


というわけで、黒の調整+プレイ経験値貯めるために黒でショップスタン参加してきました

使用:黒ジュネス

1回戦
相手動物
お互い2ターンでCX6枚くらい吹っ飛ぶ
こちらがトリガー飛びに対し向こうはキャンセルとドロー
相手レベル0で停滞したので1レベルからフル展開
盤面アドばっちり握ったのでそのまま押せ押せ
キャンセルも非常に強すぎてレベル2で勝ち

2回戦
相手メイド
相手序盤からキャラ引かないCX大量らしくばんばん使ってくる
こっちは普通にレベル1から展開して盤面アドばっちりゲット
またまたキャンセルも強くこっちレベル2のとき相手投了

3回戦
相手赤黄
序盤でレベル0しか引かず盤面アド取れないままずるずるとレベル2へ
お互いぐだぐだでレベル2になるものの、手札にあるCXの処理が終わらず5枚しか戻らない
終始CX手札から消えない状況だったので7枚返った相手にキャンセル率でかなわず負け

4回戦
相手赤青悪魔
またまた序盤でレベル0しか引かないものの、相手のパワーもそこまで高くなかったので盤面はどっこいどっこい
レベル2からがっちり展開して盤面アド取り返す
しかし、先にレベル3になって窮地
リームと店長陽介で舞台固めてクロックドロー行わずに陽介で回復しながら粘る
粘ってのがいきたのか相手なぞの素通り発生して勝ち



3勝1敗 3位


3週連続3位だった気がします
負けるときは序盤の展開次第ですね
今回の負けはCXを手札から処理し切れなかったのが主な原因ですが
さすがにクロックドローして使ってをやっても減らない引きしてしまったらどうしようもなかったです
序盤であれば置く回数も多く出来るのですが、中盤越えて山札半分ないあたりからこうなってしまうとお手上げです
この辺の対処方法をもう少し考える必要がありました
もう少しプレイを磨いていかないとだめだなという日でした
スポンサーサイト
【2010/05/25 10:35】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
赤青ハルヒ白デッキ
一応地区決勝に向けて作った第一弾白です
没になりましたが弱いって言うほど弱くはないです
安定に難があるので、不採用になりました


レベル0

両手いっぱいの花束ハルヒ*4
水鉄砲のはるか*2
μ*2


長門有希*3
香水のモンモランシー*3
一ノ瀬ことみ*3


湯上りキャル*4

レベル1

ぜんまい美春*4
サイト&デルフリンガー*3

レベル2

ゆいこ&はるか*2
色褪せた世界*2


シャマル犬*2

レベル3

トラブルガールハルヒ*3


誰でもないファントムアイン*4
おめかし長門*1

CX
サムデイインザレイ*4
扉*4

湯上りで見えたカードでCX貼ったり貼らなかったり
見えない
貼って湯上りからフロントかサイド
貼らずにソウル2からフロントかサイド
1枚目
貼ってハルヒシナジーでキャンセルさせる
2枚目
貼って湯上りでアタックからキャンセルさせる
もしくはハルヒシナジーから1点だけ通して本体でキャンセル

主に目的はこれです
この部分きちんと決まればあっさり差は詰まります
これ以外にも湯上りできちんと途中見極めながら戦えばかなり有利に試合が進みます

レベル2でどこまで舞台揃うかも重要です
最低でもシャマル犬と誰でも1体は出てないとお話になりません
つまりこれ早だし失敗するとかなり負けフラグです
成功しても相手のパワーが高いとさらに詰んでます
こうなったらチャンプアタックでも何でもいいからシャマル犬回復しつつアタックしかないですね

回復イベントを採用していないのでいかに綺麗に打点を決めていくかが重要です
白は回復の宝庫なのでイベント採用している白と戦うために先手先手で打点を決めていく必要があります
正直同タイミングでレベル3になってしまうと1ターンで決めるくらいの覚悟が必要です


もう少し改良しようと思えば出切る部分はありますね
レベル0の枚数調整したり、レベル1の採用カードを変えたり
ハルヒをチェンジで出して維持する方法もありかもしれません
そうすることで湯上りとシナジーという条件さえ揃えば早めに仕掛けることも可能になるでしょう
しかし、チェンジしてすぐレベルアップするとあまり変わらないので難しいところです
【2010/05/22 08:32】 | デッキレシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白のレベル0補助考察
地区決勝まで3週間と迫ってきました
未だ白考察終わってないとかだめだめですね

とかいいつつ、ほぼ黒リーグ参加決め込んでたりするんですけどね
一応最後まで諦めない形でやっていこうと思います

カテゴリ別に分けました


応援

両手いっぱいの花束ハルヒ

メリット
CX扉をストックにもぐらせない
ちょっとサイズの大きいレベル1を焼ける
団長

デメリット
かなり強制的にCXが扉に固定される
結局扉トリガーしなければただの応援


常盤台中学の生徒 黒子

メリット
序盤応援しか引かなかったときでもアンコールを持っている

デメリット
アンコール持っているだけの応援であること



サイン会のみくる

メリット
手札のCXを処理しつつデッキから時間キャラをサーチできる

デメリット
時間のキャラ採用率を上げなければならない
2体レストが地味に重い


ハンド補助


一ノ瀬ことみ

メリット
目的に合わせた取捨選択が出来る

デメリット
能力発動が強制



虚無のルイズ

メリット
最大4枚までのキャラ回収が出来る

デメリット
CXが落ちない可能性も高くコストとアタッカーの浪費になりうる


水鉄砲のはるか

メリット
有用な手札入れ替えを行うことが出来る
集中コストにレストがない

デメリット
手札が少ない状況だと入れ替える枚数がない


デッキチェック


香水のモンモランシー

メリット
自分のデッキトップを確認し、上か下のどちらかに送れる

デメリット
低めのパワー
ダメージを受けた枚数*500パワーあがるがキャンセルすると無意味


小悪魔杏
水着のなつき

メリット
自分のデッキトップを確認し、上か下のどちらかに送れる

デメリット
出し切りキャラである



湯上りキャル

メリット
相手のデッキトップ2枚までを見ることが出来る

デメリット
見るだけで操作不能な点



華麗なる剣聖ゆいこ

メリット
相手のデッキトップを操作できる

デメリット
自ターン中にリバースさせることが出来ない場合もある
自分の舞台を空けてしまう



相打ち

μ

メリット
パワーの高いレベル0を落とせる
リバースしたとき他のキャラを選んでパワー1000上昇

デメリット
先だしすると相手の不要な補助キャラに消される可能性がある


パワー補助


きぐるみささみ

メリット
登場時レベル2以上一体選んでパワー+3000

デメリット
序盤がただのバニラ以下でしかない




大体こんなものでしょうか
相打ちとかはμ以外は特に無理して入れる必要がないかなと思います
デッキによっては温泉ハルヒのほうがいいでしょうけど
汎用性を考えるならμですね


こうやって考えてる間に白の赤青ハルヒ以外のデッキが徐々に浮かんできています
ただ、カードも足りず時間も少ないので地区決勝間に合わないが濃厚な感じです
地区決勝抜けた後の全国も考えて色々カードを集めておきたいところですね

その前に地区決勝という大きな壁を越えなければならないのですが
万全の準備で望んでいきたいと思います

次回は需要なさそうな白リーグ赤青ハルヒデッキでもさらしますね
正直地区決勝に望むにはお粗末過ぎたので改良するより諦める形にします
黒とあたらなければいいですが、白にも黒みたいにパワー高いデッキもあるので
当たる可能性考えると伸ばすより別を作るほうがいいと判断しました
【2010/05/21 07:04】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
5月3週目月曜レポ
一旦間をおいて大会レポ

白リーグ用デッキのテストプレイ

使用:赤青ハルヒ打点サポート


1回戦
相手がレベル0で応援1体しか並ばない事故を2ターン続けて
さらにこの2ターンでCXも4枚見える
すかさず3体並べてCXはって打点を通す
相手一応ハルヒの早だし成功するも結局素通り

勝ち

2回戦
相手が2ターン連続何もせずエンド
さらにCXが公開情報で6枚もあったので遠慮なく2ターン連続CXはって打点を通す
この段階で相手レベル3のこちらレベル0
しかし、相手リフレッシュ入ってからキャンセル強くこちらもレベル3に
湯上りで相手のデッキトップ確認して打点通ること確認
そのまま押し切る

勝ち


3回戦
今度はこちらがレベル0で事故気味
相手は普通にキャラが並んでレベル1でもがんがん殴ってくる
しかし、こちらはキャンセルが異常なまでに強くダメージほとんど通らず
相手はCXトリガーを掘り返すことも出来ない状態
こちらはレベル2で誰でもファントム展開してそのまま回復しながら押し切る

勝ち


4回戦
ついに黒リーグデッキに当たってしまいました
序盤から高いパワーで制圧され全く崩せず
しかし、こちらレベル2から誰でも早だしして舞台形勢逆転
相手レベル応援とレベル3をあまり引かず盛り返す
ただ、相手のキャンセルの力強さの前に成すすべなく
回復して粘るも押し切られる

負け


オポが弱くて3位


弱いっていうほど弱くはないのですが弱いデッキでした
複数の事柄を干渉させたせいで噛み合わせがきかない部分や手札とコストの管理が非常に難しく
大事な場面で1コスト足りないってことが多かったです
それを早めの展開と回復で長く持たせてる感じでした



もう一つの白デッキはパーツ足りなくて完成が非常に遠いです

それでは次回は白のレベル0最後の補助考察です
【2010/05/18 03:27】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白のレベル0守り手考察
しかし、そこまで多くなかったという事実
こうやって考察を書くことでこのカードはこのカードはという意見が出てくるのが非常にうれしいです
ここに書いてあるのは僕自身が持ってる戦術に使いやすい形を採用、候補にしている場合が多いので
新しい意見が出てくることで違う道が開けていくのがいいと思いました
もし意見を言うのを恐れている方がいらっしゃいましたら恐れず言ってみてください
そこから自分の持つ考えと人の持つ考えの違いがわかると思います
それを見た上で自分が最良だと思う選択をしていけばいいと思います
同じカードでも人によって意見が違うのは使い方や使い道が違うからということです
人それぞれの戦略がありますので、それにそぐわなければもちろん低い評価をします
逆に高い評価を受けることもあります
最良は自分の中にあって選択に迷っているときは、他人に意見を聞いてみるのも一つの手段です


話は変わって全く関係ありませんが白リーグプロトタイプ完成しました
数回回しましたが一部使いどころに困るカードがあったので再編成中

スタンダード相打ち黒子とやったのがきっかけで白でRR黒子使ったデッキの発想が7割くらい完成
こちらも作成しつつ今現状の白デッキを完成させたいと思います


それでは、本題
正直、守り手って青しかいないんですよね


長門有希

メリット
相手ターン中限定で3500
手札アンコールもちの貴重なレベル0

デメリット
自ターン中1500という貧弱なパワー
相手の苦し紛れの集中キャラすら倒すことが出来ない


ルイズ&エレオノール

メリット
相手ターン中限定で3500

デメリット
自ターン中は2500
応援つけてもバニラを倒せない
長門と違い手札アンコールがついていない


梧桐の右腕 志賀

メリット
相手ターン中にこのカード以外のカードが2枚以下ならそれらのカードにパワー+1000
自ターン中の3アタックをこのカード含めて後列なしに3箇所埋めれる

デメリット
豊富な白カードでこのカードを採用する枠があるか怪しい



相手ターン中限定で考えるとこの3枚が比較的優秀だと思います
特に志賀は採用している人を見かけませんが、レベル0限定で考えると比較的強いほうだと思います
序盤から3箇所埋めてアタックする人にはかなり最適だと思います
後列抜きにして3箇所アタックしても相手ターン中なら志賀以外のパワーは1000上がった状態なので
応援つけるより高いパワーになるところもポイントです
しかし、結局は相打ちという最大の壁がいるので安心は出来ません




一番立ち回りが難しいのがレベル0であると最近感じます
理由としては先攻後攻でアタック回数が違うことがあげられます
必ず一回しかアタックできない先攻とは違い、後攻は好きな回数アタックできます
ある意味先攻は何も考える必要がないのです
出すキャラをどうするか、どこに配置するかこれだけでいいのです
どうせ一回しかアタックできないですから
それに比べると後攻は自分の手札とも相談する必要があり、状況次第でどうアタックするかまで考えないといけません

レベル0の立ち回り次第でその後が変わってきてしまう後攻のレベル0は一番頭を使うのではと思います



次回はレベル0最後の補助考察
今現状で10枚くらいでしょうか
もしかしたら増えるかもしれませんし、少し削るかもしれません
厚かましいお願いですが、今から補助って何だろう的な予想でもしてもらえたらと思います
予想通りだったり、予想が外れたからコメントにて何故を問うてもらいたいと思ってます
まだまだ精進不足ゆえ抜け落ちてるカード等あると思いますのでよろしくお願いします
【2010/05/17 06:07】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
白のレベル0攻め手考察
新規参戦タイトルについてはエヴァは人気ありそうですね
予約しないと買えなさそうです

ミルキィは様子見でw
ブラックロックは音楽強化になりそうなので買うと思います

6月からの発売ラッシュで環境どう変わっていくかも気になります



では、本題へ

レベル0の主な攻め手カードを考えていきます



世界の中心ハルヒ

メリット
中央配置限定とはいえ3500パワーになる
レベル2での回収に色あせた世界を採用しやすくなる

デメリット
中央以外ではまったく使えないバニラ以下


雪風のタバサ

メリット
自ターン中限定で3500パワー
手札アンコールがついている貴重なレベル0カード

デメリット
手札にキャラ以外が多いとアンコールすら不可能
パワーが低いので相手の補助キャラにすら倒される


エプロン姿の古泉

メリット
団長がいるだけで3500パワーになる
団長を採用するので回収色あせた世界を採用しやすい

デメリット
団長引かなければ1500のバニラ
かみ合わなかったときのアド損はかなり大きい


白河ことり

メリット
素でパワー4000がある
相手がこのカードをレストさせるには手札公開が必須であること
相手の手札を見れる可能性があること

デメリット
終盤ジリ貧の場面でレストする可能性がある


水遊びする美緒

メリット
前列のこのキャラ以外が1体以下の場合パワーが3500

デメリット
ストックを貯めたいデッキの場合レベル0で3体並べたアタックがやりにくい



一部特定のカードとの組み合わせがありますが、総合的に見るとデッキに対する有用カードへの補助でもあります
主にまともなパワーを叩き出せて使いやすい攻め手はこの辺でしょう
完全な限定組み合わせを考えるともう少し攻め手候補があると思いますが
それは自由で構築幅の高い白リーグでの長所を打ち消してしまいます

この辺のカードに守り手のカードと補助のカードを組み合わせてレベル0を戦うのが一番いいでしょう
次回は守り手です
おそらく補助が一番多くなると思います
応援や集中それ以外にも使えるカードがあるので、どうしても補助向きのカードが多くなってしまいます
デッキにあわせて選択することが必要ですね
【2010/05/13 03:03】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
久々の大会レポ
レベル0考察はカード選定中です
補助にも入るし攻め手にも入るしという複数系をどうしようかも迷っているところです


というわけで間に今日(昨日)の大会レポ


使用デッキ:黒リーグプロトタイプ(ジュネス)

1回戦
レベル0で相手が停滞していたところをこちらが綺麗にレベル1になりジュネス展開
相手CXが早々に全部消えたの確認後CXはって打点差が1レベルほどつく
レベル2で早だし考えてましたがリフレッシュのほうが早く断念
レベル3で陽介とリーム出して完全制圧で勝ち

2回戦
相手のキャンセルが大体ラスキャン
こちらは中途半端にキャンセルかかり、レベル2の時点で相手まだレベル1になったばかり
相手手札尽きるもののこちらはレベル3陽介の効果が3回連続不発回復となりリフレッシュ負け

3回戦
お互いほどよく打点を通しつつ中盤まで
後列引けず苦戦していたのでレベル2で即回収して手札を整える
リフレッシュでまたリーム早だし失敗するもののレベル3で陽介で巻き返して勝利

4回戦
相手事故で必須そうなカードがどんどんクロックへ
パワーで勝つデッキじゃないみたいだったのでレベル1で後列にいた応援前に出してもジュネス持ってるせいで死なず
結局自力で圧殺してから舞台を完璧に整える
相手最後まで処刑ひくことなかったのが救いとなり勝利



3勝1敗 オポぎりぎりで3位


久々にまともに勝利できた気がします
2回戦のジュネス落ちないのはデッキに残ってる枚数考えても運悪く固まってたとしかいえませんね
さすがにジュネス以外が6枚しかないのに3回に振り分けて2枚ずつ固まってたらどうしようもないですw
デッキ枚数もリフレッシュしてすぐだったので20枚以上ありましたからカットが悪かったかなと
4回戦目は浴衣陽介がすごい刺さるデッキだったのがよかったですね

個人的にもう少し調整が必要ですが、カウンターの枚数と回収どうするか程度ですね
相手のパワーがたまたま低かったのもありますが、3000カウンターを使う場面がほとんどなかったです
2コスト回収も後1コストあればって部分もあったのでどうしようかなと
そこの調整とプレイスキル磨けばもう少し安定はするかなと思いました
【2010/05/11 02:18】 | 大会レポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヴァイスの近況でも
考察は次回ってことで


噂だとニュータイプのシークレットPRはEVAのあやなみらしいですが真相はいかに
これで本当だとしたら黒サイドにまさかの蝶大型タイトルエヴァンゲリオン参戦?

仮にそうだとしたらコレクター一人くらい知り合いに欲しかったなー
と思う今日この頃であります


白デッキ
プロトタイプの8割完成
誰でもアインが売ってない誰も持ってないで詰み状態
後3枚どうやって入手しましょうか困ったものです


黒デッキ
プロトタイプの5割完成
パーツが売っていないので持ってそうな人に打診中


スタンダード
ちょっと試しに王族組んでみました
枚数調整とか考えもなしに適当に4枚ずつ積んでますけど結構強いです
もうちょっと真面目に組めば相当なものかも



久々にヴァイスで勝てました
最近負け続けてたので、ここからどんどん調子上げていきたいと思います

では、次回こそレベル0攻め手考察します
【2010/05/07 21:11】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
レベル3のサブ候補
長々と書いたのにFC2エラーのせいで全部ぶっ飛んだというwwww


というわけで再び書きます

メインに積むほどの性能ではないけど、サブとして使えば光り輝きそうなレベル3の考察です


おめかし長門
間違いなく現環境最強の舞台ブレイカー
使いどころと状況さえよければどう考えても対策不可能な一枚


メリット
相手の舞台を好きなように入れ替えることが出来る
登場時追加1コストで相手をリバースさせたとき1点回復の効果を得る

デメリット
相手の舞台が入れ替えるほどの状況じゃないときただの重たいバニラになってしまう
自分が不利な状況だとこのカードを使っても戦局がひっくり返らない
最悪かえって不利な状況を作り上げてしまう場合がある


圧倒的にメリットのほうが強いカードです
確かにデメリットはありますが、そんな状況にならないように構築しないとこのカードの意味そのものがなくなります
個人的には1枚積んでおけば十分かなと思いますが、そこはお好みでどうぞ


誰でもないファントムアイン

サブ候補といっているのに何を言い出したのでしょうか
しかし、これは十分サブとしての能力だと思います
レベル2から1点回復出来るのはかなり有利になってくるのではと思います

メリット
白で唯一の単体早だしカード、状況しだいではリフレッシュ後もすぐに早出し可能な1枚

デメリット
若干低いパワーが相手の舞台を制圧しきれない可能性がある
サブ候補なのに4枚積まなければ意味を成さない


デメリットに書いたとおり4枚積まないとまったく意味がありません
むしろ早く出せない可能性があるので4枚積まないのであれば必要ないカードです
逆に4枚積んでしっかり出せるのであればレベル2から多少有利に戦うチャンスが増えます
後はどうデッキを構築するかによって役割が若干変わってくるでしょう





サブはこの2種類が妥当かなと思います
みくるはメインでも書きましたがサブにももってこいのカードです
みくるも含めて3種類でしょうか
それ以外のカードは特に積んでも使いにくい印象があります
やはり4枚積むことで意味を成すカードのほうが多いのも事実でしょう


次回はレベル0攻め手考察したいと思います
レベル0は候補が多いので
攻め手
守り手
補助
の3回に分けて考察していこうと思います
【2010/05/06 00:10】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思い出を活用するために
遅くはなりましたが、予告通り思い出に送るための使えそうなカード考察

レベル0
小鳥遊 まひる
控え室に落ちたとき1コストを払うことで思い出に行くカード

ことり&音夢&さくら
まひると違いリバースしたときに1コストを払うことで思い出に行くカード

“3バカ”杉並&義之&渉
こちらも上と同じくリバースしたときに1コストを払うことで思い出に行くカード
さりげなく相手のアタックフェイズ始まる瞬間に前列の空いてる場所に移動することが出来る



レベル0で白限定にするとこの程度でしょう
登場時に1コスト払う音姫は使いにくい上に自身がリバースすると思い出に行かないので却下しました


レベル1
惚れ薬の力
集中3でCXが落ちれば2点回復
確定状況で1コスト2点回復を使えるのは非常に強い

すべては夢の中
手札のCXを控え室に置くことで使うことが出来る
1コストで手札のCX処理しつつ相手の控え室のカードを選んで思い出に送ることが出来る
終盤になるとこの効果がじわじわ効いてくる

決意
魔法のキャラを選んでパワー2000上昇、ソウル2上昇
ターンの終わりのそのキャラを思い出に送る
決意そのものが思い出に送られないもののソウル2上昇しているので、いらないレベル0魔法キャラを思い出に遅れる便利カード
音姫を生かすためなので魔法キャラが比較的多く入ってるはずなので使えなくはない一枚

レベル1で2コストも使って思い出を増やしている場合じゃないので有能なカードのみをピックアップしました

レベル2
木琴占い
休憩の影に隠れて忘れがちですが、やはりレベル2の段階で2点も回復できるのは大きいです



レベル2はこのカードのみと言ってもいいんじゃないでしょうか
正義の魔法使いは基本的に採用していると考えると特に書く必要はないかなと思いました


レベル3
休憩
言わずと知れた1コスト2点回復の安心回復カード
自分のターンさえ回ってきたら2点回復できる安心の一枚

回復魔術
カウンタータイミングで使える2点回復カード
しかし、条件が厳しいので音姫デッキに採用するのはほぼ不可能な気がします





主に使える思い出を増やすカードはこの辺でしょう
他にもあるにはあるのですが、使いどころも難しくコストも食うので音姫デッキに採用できない気がします



こうやって考えると音姫デッキを白のみで作ろうとするのはいささか無謀な気がしてきました
脳内で考えれば考えるほどハルヒをメインにおいたデッキのほうが強い気がしてなりませんw
とりあえず、作ってはみますがハルヒ軸のデッキを考えたほうがいいという結論が出る気がします


次回はレベル3のサブ候補
もしくはレベル0で採用し得るカードの考察になると思います
【2010/05/05 00:25】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白のレベル3候補考察
まずはここを決めることでデッキの大まかなコンセプトを決めたいと思います

メインに採用しようと思うレベル3候補



トラブルガールハルヒ

CXシナジーで追加打点を与えることができ、手札かチェンジの効果で舞台に出たとき1点回復
チェンジはそこまで重要でなく、チェンジ前は採用しない可能性も高い

利点
追加打点で最後の止めをさしにいける

問題点
この1点のせいで本体が止まる可能性もあがること

本体が止まるということは結局追加の1点のみしか与えられず
CXシナジーなしで順繰りにアタックしても結果が変わらないときがある
しかし、この効果は非常に強力であり機能さえすれば最高の能力でもある

このカードをメインにおく場合デッキタイプは相手のデッキトップ操作やデッキトップチェックを活用したデッキ
回復よりも相手へのダメージを重視したデッキ構成になるでしょう



くすぐったい毎日音姫

思い出に4枚以上カードがあればパワー1000上昇
さらに相手をリバースさせたときストックに送ってもよい追加効果を得る
手札またはチェンジの効果で舞台に出たとき1点回復

回復条件はハルヒと同じだが、チェンジ条件が違うのでこちらはチェンジも視野に入れる

利点
高いパワーと記憶を満たした時のストック送りをうまく活用して、舞台の制圧をはかる

問題点
チェンジのコストが手札を消費すること、チェンジ前の登場コストが2コストもかかること
さらにチェンジタイミングがアンコールステップなのでうかつなフロントアタックができない

序盤での行動次第でこのカードの動き方が変わる
いかに上手に思い出にカードを送れるかが重要

このカードをメインにおく場合デッキタイプは思い出に送るカード、特に回復カードを重視したデッキになるでしょう
デッキトップチェックしながら回復もかねた思い出増やすデッキ構築になるでしょう


一方通行

手札から舞台に出したとき1点回復
CXシナジーでこのカードにマーカーが無いとき、控え室の妹達を3枚までマーカーとしておくことができる
マーカー1枚につきパワー1000上昇とレベル1上昇効果

利点
マーカー3枚乗ったときのパワーは間違いなくトップ
レベル応援をつけることでこのパワーを上回るのが非常に困難になる

問題点
レベル0を妹達重視で構築する必要があり、全体的なバランスを崩壊させる


このカードをメインにおく場合デッキタイプは超能力重視になります
このカード自身も超能力なのでいかに超能力を支援できるかが重要なデッキ構築になるでしょう




猫耳みくる

永続効果で正面のキャラのソウルを-1
登場時に追加で1コスト払うことで相手の次のターンCXを使用禁止にできる


利点
打点有利な状況で使うことで相手の形勢逆転を難しくさせる

問題点
舞台に自分のキャラを残せないとほとんど効果が無く、舞台パワーで勝てないときの利点が完全に消失
もしくはストックを使うことや手札アンコールで補ってもストックか手札を犠牲にしてしまう

このカードをメインにおく場合もちろん回復は他のカード任せになります
また、自身のキャラクターをすべて生存させることに意味があるのでそこを実現できるデッキ構築になるでしょう





メイン採用候補はこの4種類
ただ、サブ候補としてもみくるは十分な性能を持っています



ここに候補は挙げてますが、トラブルか音姫の2択だと思ってます
トラブルによる打点加速を補うデッキ
音姫による思い出増やしの圧縮回復デッキ
どっちかを選択するのが賢いかなと思います
一方通行はパワーだけで実際のところ非常に使いにくいと思います


とりあえず、思い出をメインに活用する音姫デッキを構想から練ってみようと思います
というわけで、次回考察は思い出を活用するために必要なカードの考察をします
【2010/05/01 01:20】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。