スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
プレイング講座~上級~
いよいよ最後になりました

プレイング講座最後は終盤の一瞬で勝負が決まる場面の生存率や相手を倒しきるための術についてです



相手を確実に倒すために

相手のレベルが3になり与えきれば完全に勝ちの場面でどうするか

まず、5~7点を通さなければならない場合

ここはもう素直にクライマックスが手札にあるならば使っていきましょう

出来れば3点になるようにするのがいいです

そして、相手のレベル2のカード正面にいるキャラを最後のアタックに残しておきます

まず、何もつかなければ3点の攻撃を通そうとします

もちろん両方通れば最後のアタックはサイドアタックで1点を通すようにするだけです

5点の場合はサイドアタックで2点になるようなところを最後のアタックにするとよいです

ただ、1回は止まるのが普通なのでこの状況で勝つのは結構難しい状態です

残り1~4の場合

クライマックスなど置かずにきちんと届くようにアタックしましょう

出来れば最後はサイドアタックできるとよいです

そのほうが調整しやすかったりもするので、無理しない程度に意識しておけばよいです

しかし、最終的には相手のクライマックス残存率にかかってくるのでどうしようもないときはどうしようもないです

なるべくちょうどのダメージで相手を倒すようにするほうが勝ちやすいです


生き残るために

もちろん残りクロック次第でどうすれば生き残れるかは違います

残り5~7点で負けの場合はキャラを残しておけば、相手がクライマックスを使ったりトリガーでソウル+しない限り届かない可能性は十分あります

逆に1~4点で終わってしまう場合は全てダイレクトアタックになるようにその前のアタックを全部相手のキャラよりパワー低いのを並べてフロントアタックします

結果としてダイレクト全部でも止まらないときはキャラがいても止まらないので諦めはつくでしょう

少しでも勝ちたいという思いで次があることに託すための選択です



今回のことはどちらもある意味同じ内容を書いているだけです

相手に調整されたくないのであればダイレクトアタックにしてもらえばよくて

相手のダメージを減らしたいならキャラを残すしかないということです

一瞬で決まってしまうからこそ、一瞬で終わらせないための行動を取って逆転に最後の希望を託す

それが勝利への一歩に繋がっていきます

もう3レベルだから無理だろって諦めなければ勝てる試合だって少なくはありません

そんな勝負を一つでも少なくするために最後の最後まで戦い抜きましょう
スポンサーサイト
【2009/02/10 23:03】 | 確実なる勝利への一歩講座 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<近づく地区決勝 | ホーム | プレイング講座~中級~>>
コメント
確かにLV3からのガンキャンで逆転ってこともたまにありますよね。当然その逆もあったり(汗)
序盤からストックにいったCXをこまめに落していけると、いい具合のキャンセル率になってたりします。
ラストの調整は、デッキのトリガーの割合など考慮しつつアタック。で、ソウル+2をトリガーしキャンセルされ涙目ということがあったりします(笑)
【2009/02/10 23:36】 URL | 灼眼 #FhfE/zZs[ 編集] | page top↑
一番いいのは序盤でクライマックスが飛ばないことですけどね
意外と序盤でクライマックス飛んで処理できないこともあるので難しいところです
調整はトリガー来ると全て無駄になってしまうのが痛いところです
そこはデッキ作ったときにトリガーアイコンの枚数を数えて考えて攻撃するのが一番かと
控え室を確認すればデッキに何枚くらいソウル+アイコンはいってるかもわかるので、デッキ作った際にはトリガーアイコンの枚数を数えるようにしたほうがいいでしょう
【2009/02/10 23:59】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
 3日ぶりのコメントです^^
初級編~上級編のプレイングテクをギリギリまで解釈してました^^;

 初級編の手札交換については、個人的な流れでは初期の状態でレベル0キャラが4枚でレベル1キャラが1枚のケースでは代えないようにしています。次に、レベル0キャラが3枚でレベル1キャラが2枚もしくはCX2枚のケースでは、レベル1キャラ1枚もしくはCX1枚を代えてます。やはりレベル0キャラが序盤に来ないと話にならないと考えるので、過半数以上は持つようにしています。上記の後者のケースで仮に高レベルカードが来ても、おそらくクロックドローの餌になるでしょうし…。それこそ、手札交換で引いたカードがCXならば恨むしかないっすよね^^;
先攻・後攻の攻略法はほぼ同じです、CX使用法はかさばっていたら極力1枚残すようにして使用するといったところでしょうか。
レベルアップ後は、レベル1の前列キャラが2体以上いれば1、2ターンは持つはずなので、ほどほどに整えていますw

中盤について、個人的にありうるケースが数騎さんが述べているところでの、「自分の手札の準備が整っている」か「手札で腐りつつあるクライマックスの処理」の2点が主ですね^^ 特に、後者のケースは前者ケースが成り立たないときに使用してます。というか、そうせざるを得ないというか、自分でもなかなかプレイングの判断が難しいと感じております。

最後に上級編については、難しいですよねぇ~><  
状況によりけりですが、ここはおそらく中盤のプレイングが鍵を握るのでしょうね。とりあえず自分は、終盤混戦になった場合、前列をあえて1、2マス空けるようにしていますw

自分は、中盤のプレイングが一番重要だと思っているんですが、数騎さんの言葉を少し借りるならば、一瞬で決まってしまうからこそ、一瞬で終わらせないためにも中盤における優位性を保つようにするってところですかね^^
まぁ、なかなかそう上手くはいかないものですが(笑)以外と終盤は焦りがちになってミスることも稀にあるので^^;

かなり、長文になったことをお許しください。
それでは!
【2009/02/11 00:48】 URL | カミサ #FO.x/4D2[ 編集] | page top↑
上から順に

手札にレベル0の確保は大事ですね
実際すぐレベル上がるのであればレベル1も確保しておきたいですが確実ではないですし
手札交換後の高レベルは自分もクロックドロー用ですね

準備できてなかったら基本的に手札はクライマックスなんでリフレッシュ後に備えてガンガン使いますね
出来れば手札交換系のカードがあると助かるんですけど
こればっかりはデッキに入れているかどうかでもあるのでどうしようもないですね

中盤優位だと終盤に差し掛かったとき動きやすさが全然違いますからね
中盤で優位に立つことは間違ってないでしょう
終盤だからこそ落ち着いてプレイしたいですよね
ただ、もう負けると思うとそうもいかなくなってしまうのでしょう
ここばかりは慣れですね
【2009/02/11 03:01】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/123-9a4dc655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。