スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
俺式デッキバランス講座~初級~
デッキの組み方がわからない初心者さん

デッキは組んだけど勝てないな~という初心者さん用にデッキバランス講座でもしてみようと思います

始めに注意書き

・あくまで持論のデッキバランスなのでそっくりそのままやっても勝てるようになるわけではありません

・上にも書いたとおり持論なのでここは違うだろーといわれてもそれはあなたの持論ですで片付けさせてもらいます

・初級と書いてるので細かいことは中級だったり上級だったりに書きます

・不明な点はコメントでお願いします



1.デッキの制限

同名カードは4枚まで

クライマックスは8枚まで

特に絵が違っても名称が同じ(スターター絵とブースター絵の違い)ことがあるので注意してください

各作品に各色3種類ずつのクライマックスがありますが8枚までしか入れることが出来ません

クライマックス専用キャラが3種類4種類入ってる人は注意してクライマックスを入れましょう

2.使用制限の注意

・レベル置き場かクロックに同色のカードがないと出せないので色の種類を多くしすぎない

好きなカードがそれぞれの色にあると迷ってしまい全部入れてみるか!なんてことをすると大変な事故が発生します

極力2色で抑える事が好ましいですが3色までは何とかなるので多くても3色にしましょう

例外としてリトルバスターズエクゾディアと呼称されるデッキは4色デッキらしいですが、プレイにある程度慣れてからにしましょう

3.コンセプト

例えば音夢が好きだから音夢をいっぱい入れたい!

まず、自分が使いたいメインカードこの場合は「音夢」です

なら、その音夢をサポートするカードがあるか探します

幸い音夢には天枷美春という強力なサポートカードが存在します

なので、もちろんサポートするカードは必須でしょう

このように、自分が使いたいカードがある場合はそれをいかにサポートしていくかでデッキを組み上げていきます

違う例としては「相手にいっぱいソウルダメージを与えたい」

これは「ソウルビート」と呼ばれるソウルを上げるカードを多く使用した代表的なコンセプトです

ビートというのはビートダウンの略称で「キャラでごり押し」が基本的なビートダウンです

~ビートというのはどのようなキャラでごり押しするかという違いです

話は戻しまして、ソウルを上げるカードは黄色の担当分野なので黄色でソウルを上げるカードを軸にデッキを組みます

このように、どのようなデッキを組みたいかを考えることがデッキを組むうえで重要になってきます

ただ「勝てるデッキ!」というのは自分にあったデッキを使いプレイすることが重要なので、まず自分にあったデッキを組みましょう

4.レベルバランス

このカード強い!あ、これも強いな!と何でもかんでも入れていくとレベルを見たときに2や3レベルのカードが大量に入るかと思います

確かにカードは強いかもしれません、しかしレベル2や3のカードを出す頃には勝負は終盤

そのようなカードばかり入れていては勝つことはまず出来ないでしょう

まず、強いカードを出すための基盤を作ります

大体の目安として

レベル0 15~20枚

レベル1 10~14枚

レベル2 8~12枚

レベル3 ~1枚

ぐらいがちょうど良いでしょう。もちろん目的によって枚数バランスは変化します

レベル0を多く入れる理由として、ストックを貯めない事には使いたいカードも使えないのです

序盤でレベル0をほとんど出せずにレベル1になり、ストックが2枚しかない!など悲惨な状況を出来るだけ回避するためにレベル0は多めに入れておくとよいでしょう

5.色バランス

たとえ2色でデッキを組んだとしても一方が42枚一方が8枚なんてことをすると

使いたいカードをクロックかレベル置き場に置かないといけなくなります

少なくとも35:15くらいにしておかないと使いたいカードも使えなくなってしまいます

6.キャラとイベントの割合

非常に使い勝手のよいイベントは多数存在します

しかし、それらのイベントもコストを必要としているので入れすぎるとストックが溜まらず使うことは出来ません

極力イベントは入れても10枚までにしておいたほうがよいでしょう

仮にイベントを10枚入れたデッキを組むとデッキ内訳が

キャラ32枚

イベント10枚

クライマックス8枚

デッキは50枚ですから5枚に1枚の確立でイベントを引くことになります

つまり、入れすぎると肝心なときにキャラが引けなかった!なんてこともありえるわけです

キャラが引けない=負けに繋がりやすいなので、イベントは極力10枚までにしましょう

7.最後の仕上げ

ここまできたらデッキ完成は目前です

最後の仕上げで何をするか?それはキャラクターの能力の確認です

応援を持っている通称「後列キャラ」の枚数を確認してみましょう

ここで応援キャラが10枚以上になるようでしたら前列キャラを増やしましょう

それは何故か?

応援キャラのパワーは基本的に1000以下です。応援されても1500や2000が関の山です

まともに相手の前列キャラとバトルしたところで返り討ちにあってしまいます

サイドアタックも序盤は相手の前列キャラもレベル0なのでそのままソウル分通りますが

終盤レベル2が並び始めたらもう通りません、フロントアタックしたらその場所が空きとなってしまうので相手のダイレクトアタックが通ってしまいます

確かに応援でサポートすることも大事ですが入れすぎるとサポートされるキャラが少なくなってしまいます

最後の調整で何入れていいかわかんない、そんな人はとりあえずレベル0の前列キャラクターを入れましょう

それはストックを貯めることにも繋がり、相手のサポートされていない前列キャラクターを倒すことが出来ます

慣れてきたところで調整していくのが自分のプレイに繋がると思います



これで初級は終了です

中級では同名カードの枚数バランスと色の特徴に合わせたデッキ作成について持論を語らせてもらいます

ここまでの長文を読んでくれた方ありがとうございました
スポンサーサイト
【2008/09/07 00:50】 | デッキ作成講座 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<俺式デッキバランス講座~中級~ | ホーム | 木琴占い>>
コメント
リトルバスターズエクゾディアって何ですか…??
【2009/10/08 01:32】 URL | #-[ 編集] | page top↑
去年発売されたリトバスエクストラに入ってる5体揃ったら効果発動するデッキですね
【2009/10/08 01:40】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
そんなのがあるんですか…!
回答ありがとうございましたm(_ _)m
【2009/10/09 09:53】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/13-55717c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。