スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バウンス考察
では、予告通りバウンス考察を始めようと思います

まず、バウンスといっても一つではありません

ハンドバウンス
ストックバウンス
トップバウンス
クロックバウンス

これら全てのバウンスに共通することはアンコールが不可能なことです
控室に落ちないのでアンコールを宣言することができないのです

主に使われるのはハンドバウンスとストックバウンスでしょう
残りの二つはそんなに数が多くないので見かけることはあまりないでしょう
今回はハンドバウンスに限定して考察してみようと思います
ハンドバウンスで使いやすそうなカードを探してみました

レベル1
柊つかさ
鈴&理樹

レベル1はこの2枚が非常に優秀だと思います
まず、柊つかさ
このカードは対応CXがソウル+2ではありますが、このカード自身の持つ効果が非常に優秀です
柊つかさを手札から舞台に置いたとき1コストを払い手札のCXを控室に置きます
そして好きなCXを控室から回収できるのです
要するに手札にCXさえあれば必ずと言っていいほどシナジーさせることができます
もちろん自身の対応CXでなく他キャラの対応CXを持ってくることも可能なので非常に使い勝手の良いカードです
こんな能力を持っているにもかかわらず、コスト0でプレイ可能でパワーも4500となかなかの高さです

次に鈴&理樹
対応CXがバウンストリガー付きなのが強みです
そして絆でリーダー恭介を持ってくることができます
ハンドアドをそこまで失わずに済むのが一番大きいところでしょう
このキャラもコスト0でプレイできます
パワーが3000と低いのが難点ですが、そこはバウンスで対応していきます

レベル1は他にもありますが、この2つは特に群を抜いて優秀なレベル1バウンスだと思います

レベル2
巫女音姫
メイド服のルイズ
主人公タナトス

バウンスカードの代表格といっても過言ではないカードでしょう

巫女音姫は初期時代から今でも使われ続ける立派なバウンス代表格
対応CXがバウンストリガーというのが優秀な要因の一つ
そして、コストを払うことでソウルの調整も可能なので、打点レースも優位に立つことができます
パワーが8000ですが、CXシナジーで9000とコストなしバウンスなのでそこまで気になることでもありません

メイドルイズは対応CXがソウル+2ですが自身のソウルが1なので打点レース勝負の時不利なソウル1を補うので相性は抜群です
そして何より平民の使い魔サイトという専用パワーアップキャラがいるので後列に2枚並ばれると9500の左右と10000の中央という壁が出来上がります
そして何よりこのカードは手札アンコールを持っているのが強みです
やられても手札1枚でその場にとどまるのが何より厄介でしょう

主人公タナトスはタナトスラッシュと呼ばれるデッキの代表カードです
何よりこのカードを早出ししてバウンスもできるという優れものです
対応CXがソウル+2でこのカードもソウル2なので相手へのダメージが通った時はかなりの痛手となります
それを狙いにしたのがタナトスラッシュでもあるので打点レース勝負はかなり優位に進んでいくでしょう

実はハンドバウンスは初期3作にゼロの使い魔とらきすたしかありません
なのはやディスガイアからはストックバウンスに変わってしまいました

レベル3のカードでバウンスする意味はあまりないのでレベル2までにしました


今回ので特に強く推したいのは柊つかさです
このカードは自身の対応CXを入れていなくても欲しいCXとの入れ替えが可能なのでデッキに入れて損することはまずありません
黄色を使うときは必ず入れてもいいくらいだと思います
特にCXシナジーを目的として組むデッキであればなおさらです


次はハンドアンコールの利点について
・自舞台のキャラがどれだけパワーが低くても正面のキャラをバウンスすれば生き残る
・相手のコスト2以上のカードをバウンスすることで相手のコスト管理を難しくさせる
・専用パワーアップカードなどでパワーアップしてるキャラの後列をバウンスすることでパワー勝ちできるようにする

主にこの3つがあげられると思います
自キャラが生き残ることで返しのターンのダメージが少しでも低くなるので、長生きにつながると思います
そして、重たいキャラを複数手札に返すことで相手の舞台の安定力を著しく低下させることもできるでしょう
メイド服のルイズやおめかし小毬のように専用でパワーアップさせる後列キャラを手札に返すことでパワー勝負で勝つことも可能になるのは非常に大きいです

しかし、使いどころを間違えると相手に有利に働いてしまうこともあるので一概に全部バウンスすればいいというわけではありません
状況を見ていかに使っていくかが重要だと思います
スポンサーサイト
【2009/04/23 09:39】 | ヴァイス考察 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ショップレポ~松岡VS草なぎ~ | ホーム | 久々の更新がショップレポ~問題児~>>
コメント
はじめまして。手札バウンスとデッキトップバウンスは分かりますが、ストックバウンスとクロックバウンスというのは初めて聞きました。

バウンスは元あったところに戻すということだったと思うのでストックとクロックは当たらないのではないでしょうか?
控え室に送る効果もバウンスと言うことになってしまうので。

ちょっと気になったのですいません。違ったらスルーでお願いします。
【2009/04/23 13:54】 URL | みやもん #HUNIDBbc[ 編集] | page top↑
バウンスを元にあった場所に返すとするとしましょう
姉妹の抱擁はクロックから直接出すカードです
転入生はストックから出すカードです
美少女ヒロインアミタリリのように控え室からキャラを出すカードもあります
これらの効果で出たキャラを手札に戻したら元々あった場所には返っていません

なので、控え室以外はバウンスという言葉を使っても特に問題はないでしょう
控え室は送ってもアンコールされるので
バウンスとしませんでした
【2009/04/24 01:46】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
久しぶりのカキコです~^^

バウンス考察ということで、鈴&理樹はやはり優秀なのですかね~。レベル1系はどうしても0コストで済ませたいというのがありますし、リーダー恭介が浮かばれないですがw
最近だと、比較的安価で手に入るので個人的に好きな部類です^^

レベル2も巫女音姫や主人公タナトスが鉄板ですよね~。

真ソニックを使ってると上記のカードに少々憧れますね~^^;
【2009/04/24 19:30】 URL | カミサ #FO.x/4D2[ 編集] | page top↑
リーダー恭介も絆で回収できるので使いやすいですよ
ただ、そこまでして使うかというと結局は使わないって結果になりますが
巫女音姫は比較的に手に入りやすいので揃えてみてはどうでしょうか
【2009/04/27 00:59】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
返信どうもです^^

巫女音姫…今度集めてみようかと思います。
ただ、最近は黄色(真ソニックフェイト)から始めたこともあり、他色に浮気をしている状態です(笑)
今は、コマリンデッキにキュア要素を混ぜて楽しんでますがw
シャイニングフォースデッキ(?)も赤・黄で組んでますので、キリのいいとこでバウンスデッキでも組んでみるつもりです^^

【2009/04/27 01:57】 URL | カミサ #FO.x/4D2[ 編集] | page top↑
バウンスデッキは考えれば考えるほど深みにはまると思いますよ
実際使ってみることでその面白さがわかると思いますよ
【2009/04/28 01:42】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/161-343b2f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。