スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
勝ち筋を見据える
なかなか寝れないときは、頭でごちゃごちゃしてることを紙とかに書いて整理すると寝れる

とかいうのをどっかで聞いたので、無駄だろうけど試してみようかと



というわけで、久々にデッキ作成講座

今回はタイトル通り勝ち筋を見据えるです


デッキを作るにあたって以前コンセプトを決めるとありましたが
コンセプトを決めて、その通りになったとしても勝てないデッキがあると気づいた人もいるでしょう

嫁デッキ等の盤面やソウル、手札不足に悩みやすいデッキなんかはこの部類でしょう
勝てないわけではないですが、普通にやっていたら運ゲーで打点通らなきゃ無理なデッキですね


この記事を書こうと思ったのもある一つのデッキを作ったとき勝ち筋が見えなかったためです

そのデッキとは耳掃除チェンジデッキなのですが、音楽+アンコールというコンセプトで作ってみました
レベル1まで4か5コスト溜めて耳掃除でレベル2はるか出してチェンジするデッキです
レベル3が控え室から舞台に置かれたとき1コストで音楽キャラを回収できるので手札アンコール持たせることで1コストの手札交換が可能となります

実際コンセプト通りのことは出来ました
しかし、どうやったら勝てるか?を考えたとき全く勝ち方が見えませんでした
要するに相手に打点通り続けたら勝てる程度の運要素を頼るしかなかったのです

そもそもスタンダードという構築条件で回復がないのは現段階ではかなり不利になります
全く勝てないわけではないですが、相手が回復をすればするほど戦いは長引き自分がキャンセルし続けることが難しくなります
その面で見てもこの耳掃除チェンジデッキは完全に運でしか勝てないことになります

耳掃除を引かなければただの手札アンコール持たせるだけのデッキになってしまうのがさらに運デッキであることを裏付けてしまいました
勝ち負け気にせず使う分には楽しいでしょうが、やるからには勝ちたいですよね



話は戻って勝ち筋を見据えるということは非常に大事なことになります
どうやって回したら勝てるか、どういう状況を作っていくことが勝利に繋がるか
カード一つ一つに意味を持たせる必要があります

そのためにも各レベル帯での行動コンセプトを考えてみるのが一つの方法だと思います
デッキコンセプトと行動コンセプトはまた意味が違ってきます

今僕自身が使っているスタンダードの赤軸のタッチ緑黄3色デッキを例に挙げてみます

レベル0
このレベルは荒垣やツヴァイを軸に相手の高パワーレベル0を削りながら戦います
扉8枚CXとして採用しているので応援は両手いっぱいのハルヒを使っています
この段階でCXがストック奥深くに潜らないようするためです
ラストアタックでのCXトリガーは水鉄砲と虚無で処理できるよう集中も入っています

レベル0のコンセプトは自キャラがやられてでも相手のキャラも削っていく
そして扉トリガーした場合キャンセルや初期で控え室に送ったカードを回収して後半の準備もするです

レベル1
カナンαと野心家クロウディアによる舞台の制圧
そして、カナンαのシナジーで後半の準備をほぼ完璧に終わらせておく
潜ったCXトリガーはカナンで回収に使うかハルヒで相手のキャラを処理します
パワー6000や7000では倒せないような場合もあるので、ここで扉トリガーするのは意外と重要だったりします
この段階でCXがほとんどないのであれば青春クマで山札に戻すことも重要です
素通りする可能性を少しでも下げる意味でやっておいて損はないです

レベル1のコンセプトは自キャラを生かしつつ、準備完了を目指すです
クオーターやカナンα等、比較的倒しにくいキャラも多いので扉トリガーはなるべく相手キャラの処理に使いたいところです
万が一序盤キャンセルしすぎて山札が多いのにCXがもうないのような状況は絶対避けなければいけないのでクマは重要になります

レベル2
ここからがこのデッキの重要な部分です
まず、アタック終わるまでにリフレッシュ入るか否か
リフレッシュしないのであれば素直にレベル2ハルヒからレベル3ハルヒにチェンジします
リフレッシュするようであれば中ボスを使い先に擬似リフレッシュで山札を作り直します
次に手札と相談します
野心家が舞台に残っているかつ手札にレベル3ハルヒがいるのであれば
空いてる場所または中ボスを圧殺してレベル2ハルヒを出します
次に野心家をきぐるみささみやデッキトップ確認カードで圧殺します
これに対して手札アンコールで野心家を戻します、もちろん手札アンコールに使うのはレベル3ハルヒです
こうすることで確実にレベル2ハルヒをチェンジできるようにします
野心家を採用しているのはこういうときのためでもあります
もしくは集中で落ちることを祈るになりますが、コストを多く消費してしまうのでなるべく避けたいところです

レベル2のコンセプトはハルヒをチェンジして打点レースに有利に働くようにするです
CXシナジーによる追加打点は後半の打点勝負においてかなり重要な要素となってきます
反面追加しか通らなくなるという本体のソウル上昇はデメリットにもなりえます
しかし、このサイズを確実にレベル2で出しておくのはかなり有利になってきます


レベル3
お互い高パワーが並んでいる盤面になっているはずなので、きぐるみささみ等自キャラのパワーを上げるカードを駆使して相手へ攻撃を仕掛けます
もちろん相手も同じようなことをしてくる可能性はあるので、カウンターの使用やアンコール等頭を一番使うレベル帯でもあります

レベル3は小さなミスをしないこと
キャラクターの運用等のミスで負けに繋がることも少なくないので些細なミスをしないを心がけるだけです


このように各レベル帯での行動コンセプトを決めることでどのように勝つかが見えてきます
このデッキの勝ち筋は盤面制圧と追加ダメージによる打点レースの先行です

回復らしい回復は入っていませんが、ハルヒが一応回復できる程度で十分だと考えています


今使っている自分のデッキの勝ち筋、各レベル帯での行動パターンを考えてみませんか
そうすることで自分のデッキをより深く知り、よりいいデッキを作ることが出来るようになると思います


というわけで、今回の講座はここで終了します

長文になりますので、今回の例で使用したデッキレシピは追記の部分に記述しておきます
赤軸タッチ緑黄3色デッキ


レベル0

荒垣*3
水鉄砲*2
両手いっぱいハルヒ*4
虚無ルイズ*1

2番目ツヴァイ*4
水着ゆめななか*4

きぐるみささみ*3

青春クマ*2

レベル1

カナンアルファルド*4

野心家クロウディア*3

レベル2

中ボス*1
起動封じかなた*1
勝利宣言ハルヒ*3
レベル応援ファークリン*1
ゆいこはるか*2

ガドフォール*1

レベル3

トラブルガールハルヒ*3

CX
サムデイインザレイ*4
カナンの名を持つもの*4

レベル0 23枚
レベル1 7枚
レベル2 9枚
レベル3 3枚
スポンサーサイト
【2009/12/17 05:50】 | デッキ作成講座 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ハルヒ先行 | ホーム | 12月2週目火曜レポ>>
コメント
如月でなく虚無を採用しているのは水着の由夢ななかがいるからでしょうか?

レベル応援が1枚だけ入っているのは、手札に来たら出す・余裕が有るなら拾う程度にお考えだからでしょうか?
【2009/12/17 14:02】 URL | 霞 #Fe5eWWgA[ 編集] | page top↑
すごい完成度高いですね、早速パクらせ…参考にさしてもらいます
【2009/12/17 17:23】 URL | ゆき #3/2tU3w2[ 編集] | page top↑
>霞さん
水鉄砲が入っているので如月ではなく虚無を採用しています
個人的に水着ゆめななかでデッキトップ確認するとCX率が高いのも一つの理由です

レベル応援が1枚入っているのは回収できたら回収する程度で十分だからですね
もちろん手札に来たら離さずに持っておくことも大事です
ただ、相手のデッキを見て必要か不要か判断できるので必ず握り続ける必要はないと思います
レスト能力は使う相手がいないので遠慮なく野心家でレストして問題ないです

このデッキをちゃんと回すことが出来れば実際レベル応援出さずとも舞台しっかり作りつつ打点で勝てるので
あくまで保険として入ってる形です
個人的には後列をハルヒと水鉄砲という形にしておいても全然問題ないと思ってます

>ゆきさん
まだまだ詰めるところがあるきがするので完成度は高いかといわれると悩みますね
もう少し序盤から舞台を安定させていきたいと思っているのでどうしようかなというところです

こんなので参考になれば幸いです
【2009/12/18 01:01】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/243-5d3b64d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。