スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
DCタイトルカップ1発目
はいはい、行ってまいりましたDCタイトルカップ

ぎりぎりでRR小恋3枚目を入手したのでデッキ投入していざ本番

使用:緑青音楽

1回戦 赤黄?デッキ
相手ノースリーブだったのでお初なかたでしょうか
とりあえず、相手がレベル0で思いっきり停滞入ったので遠慮なくCXはって打点通す
音楽が持てる高いパワーを生かしたまま押し切って勝利

2回戦 赤青生徒会
相手が手札でポーカーしてるみたいだったのでとりあえずCXはりつつ打点稼ぎ
相手毎ターンCXはってくるのにこっちが止まらない
何回か重要なところ止まってラストターンをぎりぎり打点届かせて勝ち

3回戦 緑音楽
相手が舞台的にぶんぶん回ってどうしようもない
まあ、舞台で見れば本当にどうしようもない舞台を作られました
しかし、相手CX序盤で3枚くらい飛んで潜っていったのであえて舞台取り返さず相手のストック掘れなくさせる
こっちは無駄にキャンセル率高かったので、相手のCXの戻らなさを利用してCX引いたらすぐ使う形
もちろん山札に4枚しかない相手デッキが止まるわけもなく素通りさせて勝ち

4回戦 黄緑?デッキ
初期手札が微妙でしたが相手が色々とクロック置くものミスしたり序盤でレベル0全然引かない
こちらはそうそうに舞台が完成したのでそれを維持したまま押せ押せの流れ
最後は相手が3-2で公開情報CX2枚の山札20弱で5点が素通りして勝ち

決勝 赤黄青生徒会デッキ
初期手札がそこそこで相手のレベル0キャラが弱い状況
舞台的には弱くもなくいい調子だったんですが、いかんせんノンストップダメージ
リフレッシュしても6枚しか返らず挙句リフダメで乗ってドローしてトリガーといいところなし
反面相手のキャンセル率は高くレベル3で完全に生徒会舞台完成させられたので打点も少し通ったくらいじゃ回復
結局レベル3時点での舞台の力強さとキャンセル率の差で負け


オポきわどくて危なかったけど何とか2位


というわけで、無事に権利ゲットしてきました
個人的にはこのデッキは全然ガチじゃなかったんで取れたのが結構嬉しいです

あくまでDCタイトルで出るならこのデッキじゃないという意味で
音楽という枠で捉えればかなり真面目に組んでます
足りない分は眞子で補うとか言っていましたが意外と正解だった気もします
音楽同士でやるとレベル2ななかのシナジー上手く決めたほうの勝ちといってもいいでしょう
後列をちょうど焼けるので、これ出きるのと出来ないのじゃ大きく変わってきます
ただ問題なのは引きに左右されることでしょう

回収がない緑青という構築なのでいかに序盤で必須カードを手札にキープできるか
これが出来ないと終盤ジリ貧で舞台がぼろぼろになります
そうなったら小恋の手札アンコールを持つとかどうでもいい効果になってしまうので避けたいところですね


もっと自身のプレイング上げていかないとダメだなーと感じた今日でした
スポンサーサイト
【2010/04/03 23:17】 | ヴァイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<DCタイトルカップ2発目 | ホーム | 今日の公開カードにお茶吹いた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/277-626ce75d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。