スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
これから始める人へ~その2~
予告どおり自分のターンに出来ること、相手のターンに出来ることです

まず、自分のターンでどのような順序で行動が回ってくるかを確認します

スタンドフェイズ

ドローフェイズ

クロックフェイズ

メインフェイズ

クライマックスフェイズ

アタックフェイズ

エンドフェイズ

これら7つのフェイズで進行されていきます

順番に説明します

スタンドフェイズ

自分の舞台に出ている横向き(レスト)状態のカードを縦に(スタンド)させるフェイズです

特殊効果でスタンドしない効果を受けていない限り強制スタンドです

ドローフェイズ

山札からカードを1枚引きます

クロックフェイズ

手札からクロック置き場にカードを1枚だけ置く事ができます。カードを置いたら山札から2枚引きます

メインフェイズ

・手札から条件を満たしたキャラクターカードを舞台に置ける
・舞台に出ているキャラクターを前列と後列の好きな場所に移動することが出来る
・舞台に出ているキャラの特殊能力を使うことが出来る(条件を満たす限り何度でも使用可能)
・手札からイベントカードを使うことが出来る
・舞台に出ているキャラクターの位置を入れ替えることが出来る

メインフェイズ中であればこれらのことを条件が満たす限り行うことが出来ます

クライマックスフェイズ

クライマックス置き場に手札にあるクライマックスカードを1枚置くことができます

クライマックスを置いたらキャラクターカードを出したり、能力を使うことは出来ません

アタックフェイズ

アタックフェイズは次のステップから成り立っています

・アタック宣言ステップ
・トリガーステップ
・(カウンターステップ)
・ダメージステップ
・(バトルステップ)
・アンコールステップ

()がついてるステップはアタック宣言ステップで「フロントアタック」を宣言したときのみ存在するステップです
ただし、カウンターステップはアタックプレイヤーではなくアタックされる側に存在するステップです
アタックしたプレイヤーは黙ってみているだけのステップです

アタック宣言は「フロントアタック」「サイドアタック」「ダイレクトアタック」の3種類から状況に応じて宣言してください
なお、ダイレクトアタックが可能な場合にアタックするときは「必ず」ダイレクトアタックを宣言しなければなりません
残りのアタックについては次回に詳しく説明しますが、相手と自分の同前列にキャラが存在する場合にはダイレクトアタックを宣言できません
つまり、フロントかサイドアタックを宣言することになります

トリガーステップは自分の山札を1枚めくり、裏向きにして自分のストック置き場に置きます
このときストック置き場のカードの上に重ねるように置き、順番を変えることは出来ません
めくったカードの右上にあるマークの効果は次回で詳しく説明します

ダメージステップはキャラクターが持っているソウルと様々なカード効果や状況によって相手に与えるダメージを宣言
そして、相手は山札か1枚ずつカードをめくり、順番を変えずにクロック置き場に置きます
なお、ダメージを食らっている最中にクライマックスカードがめくれた場合、今までのダメージをクライマックスカードとともに控え室に置きます
4点のダメージで、2枚目にクライマックスが出た場合はそこでダメージが止まり山札をめくる必要はありません
クライマックスがめくれたらそこでダメージが止まります。もちろんクロック置き場には置かれません
あくまで、ダメージを食らう場合はクライマックスカードがめくれなかった場合のみです

アンコールステップはバトルに敗れたキャラクターカードを控え室に置きます
そのとき、ストック置き場のカードを上から3枚控え室に置くことで、控え室に置かれたキャラクターカードを元いた舞台にレスト(横向き)状態で置きます
なお、アンコールは必ず先攻プレイヤーから行います。後攻プレイヤーは相手のアンコールが全て終了してからアンコールを開始してください
複雑なアンコールについて詳しいことは次回に説明します

エンドフェイズは全ての行動が終了し、相手に行動権を渡します
エンドフェイズ時にクライマックスカードがクライマックス置き場に置いてある場合は、このタイミングでクライマックスカードを控え室に置いてください

以上が自分のターンで出来ることです

相手のターンで出来ることはキャラクターやイベントカードにぐーのマークがついているカードをカウンターステップに使うことが出来るだけです
ただし、一回のフロントアタックに対して使えるカウンターカードは1枚のみです
相手が1度目のフロントアタックを仕掛けてきた時に1枚、次のフロントアタックのときにも1枚といった具合になります

難しく書いてるように思うかもしれませんが、一つ一つ確認しながらやってみるとそんなに難しいことは書いてないと気付くと思います
対戦してみてよくわからないという部分がありましたら、コメントいただければお答えいたします

次回はそれぞれのアタックについて、複雑なアンコールについて、トリガーアイコン(カード右上のマーク)について書いていきます
スポンサーサイト
【2008/10/05 23:19】 | 脱初心者講座 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<これから始める人へ~その3~ | ホーム | これから始める人へ~その1~>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/06 01:57】 | #[ 編集] | page top↑
起の効果は何回でも使用できるのでしょうか?? (コストがあれば)
【2010/04/09 18:50】 URL | ますお #-[ 編集] | page top↑
手札から置かれたとき等の指定がなければ払える限り使うことが出来ます
【2010/04/10 01:09】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
此方のアッタク時に、助太刀とかで此方が戦闘で負けた時の、ソウルの処理はどうなりますか、戦闘に負けても、ダメージは与えられるのでしょうか、
【2010/05/09 03:36】 URL | #-[ 編集] | page top↑
ダメージはバトルに関係なく発生します

文をよく見てもらえばわかると思うのですが、ダメージの後にバトルが発生します

ただカウンターステップでアタック宣言したカードが舞台から離れた場合ダメージはなくなります
【2010/05/09 13:01】 URL | 数騎 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/10 00:47】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/33-2802bcc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。