スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
舞台制圧理論
いつも通り拍手コメからで

>やっとプリニー完成したんですね!おめでとうございます

ありがとうございます。友人たちの協力なくして成し遂げられませんでした
自力で40枚近くは集めたんですけどね

>やっぱり難しいっすね!(笑)俺らはもう全部「さすがヴァイスシュバルツ」とかで片付けますよ(笑)

運ゲー運ゲーとはいいますけど、考えると実際そんなに運ゲーではないんですよね
CX配置が運なだけであとはシャッフルの仕方とかで変わってくるんで意外と考えれば勝ちやすいという

>ようするにCXが少なくなれば打点が通りやすいということで、自分はD.C.のバナナパフェを2枚ほど採用していますよ。コストが大きい上に、Lv2からの使用なのが玉に瑕後半に1枚でも使えればアドバンテージは大きいと思います

確かにバナナパフェでCXを除去できれば強いのですが、問題点は二つ
一つ目はコストが重いこと
二つ目は相手がリフレッシュする前にCXを除去しなければいけないこと
この二つの問題点さえ解決すればかなり強いカードの一つだと思います


今日は舞台制圧理論です

舞台制圧理論のメリット

・自分の舞台が強力な前列それを支援する後列で埋まっていてパワー勝負に負けることはまずない

・舞台に残り続けるのでストックや手札の消費を抑える事が出来る

序盤から中盤にかけては大差でないですが終盤は自爆特攻しかけてダメージを狙ってくるかもしれませんが相手の手札やコストが尽きるのでしのぐ方法さえ見つければかなりのアドバンテージになります

ディスガイアのL3で正面キャラのソウルを-1するなどのカードを使うことでより安定した戦いが出来るでしょう

舞台制圧理論のデメリット

・除去対策を考えておかないとストック不足になってしまう


音夢みはがある意味舞台制圧の代表例ですが、後列の美春が除去されたときやバウンスやレベル2以下を舞台外に移動させるカード

このようなカードの対策を考えておかないとジリ貧になってしまいます

基本的に高パワーのカードはコストが2かかるのできちんとストック管理が出来ないと出せなくなります

それだけでなく相手のキャラを倒すことも出来ないのでさらに状況は悪化します

いかに対策を取るかにかかっていますが、対象に取られないようにするカードを入れたりレベルを上げるカードを入れることで多少の対策になります

あとは、上手く立ち回ることが重要ですね

無駄な行動をすることで逆転されてしまったりすることもあるので、最後の最後まで気を抜かないようにしましょう



個人的にはソウル理論をお勧めしたいです

舞台制圧+ソウル理論という組み合わせも出来なくもないので色々なカードを探して使ってみるのが一番だと思います



ここまで書いておきながら個人的には自分が好きなキャラや好きなカードを使ったデッキが一番楽しいと思います
スポンサーサイト
【2008/11/26 18:50】 | デッキ作成講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大切な…仲間? | ホーム | ソウル理論>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mizumako214.blog62.fc2.com/tb.php/71-3dd4573e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。